« 金曜日のこと | トップページ | MG ネモが家にやってきた!! »

2006年2月14日 (火)

かなり痛かったけど新発見!!

さて、前々から現場監督をしているということは言ってきている永島です。

私の仕事の一つには家屋の解体も含まれています。

まぁ解体業者さんに指示を出すだけで、自分の手で壊したりすることなんかありません。

しかし…

その日は違っていた…ちょっと前の本当の話…

リアル第3話「永島コロニー落着」

さて、その日は新しい現場の調査(視察)現場は私の家のすぐ近くだった。

12月のとある日曜日になんやら外が騒がしかったが、UCをやっていたので野次馬に行くこともなくそのまま放置していたが…

まさかその現場に行くとは…

その現場は火事の跡、家2件が全焼し、1件半焼。

運が良かったのはその3件とも出かけていたことだ。

いつも思うことだが、営業さんがすぐに飛んでいき「ウチで解体しませんか?」とか営業をかける姿だけは何度見ても腹立たしい。自分の給料になる仕事とはいえ、他人の不幸の現場をそのようにしていることには、同感することはできない。

しかし、その現場は私の家の近くであり、なんといっても私の知っている人の家も全焼してしまっていた…

その方が、ウチの営業がきたときに「永島を知っている」ということでとりあえず解体の見積だけでもすることとなり、私が現場を視察することとなった。

火事の原因はどうやら「エアコン」とのことだ。出火基の家の人とは面識はなかったが、火事の原因について詳しく聞くことができた。

数ヶ月ぶりに日本に帰ってきた家主が、部屋が寒いので暖房をつけたところ、数分後エアコンから煙が出始め、遂にはエアコンから火が風と共に噴射されたとのこと。

エアコンの冷媒はガスが多く、そのガスに漏電した火花が引火したようだ。

あっというまに出火基の家は火の海となり、私の知人の家とその隣を火で包んでいったそうだ。

とりあえず、出火基の家とその知人の家両方を視察することになった。

まずは出火基…

ひどいありさまだ…

2階部分は既に階段しか姿はなく、崩れ落ちたようだった。

状況写真を撮影し、隣の私の知人の家にいく。

大切な物まで全て火に奪われ、思い出の家は炭となってしまった…知人はひどく落ち込んでいた。そんな中仕事とはいえ、何度も足を運んだ元家に行かなければならないのは辛いものだ。

知人の家は家の外観、中の部分は焼けてはいるが殆どその形状をとどめていた。

消防隊が先に家の中に入り、状況を確認。続いて私が呼ばれた。

何度も訪れて長い時間を過ごした2階の知人の部屋は黒く、炭となっていた…

彼の趣味で集めていた大事な漫画やゲーム…

買い換えたばかりのPCまでも原型ととどめていなかった…

続いて彼の兄の部屋。ここは消防車による放水がすさまじかったようで壁などはほとんどなくなっていた。

彼の兄の部屋は和室。畳は濡れていて、その下の床は既に倒壊寸前だった。

消防隊員 「そこの床危険ですから」

永島    「わかりました」

状況写真を撮影することで半ば生返事してしまった永島。

ここでちゃんと注意するべきだった。

部屋の中心でまだ燃えていない物を発見。家主達より先に私が入ったのでまだ燃えていない物の避難や移動はしていなかったのだ。

少しでも持って行こうと、その物が置いてあるところに歩いていこうとする。

すると…

                                      

                                   

                                    

                                    

                                                

                                                   

「メキ!」

                                    

                                    

                                   

                                    

                                     

                                    

                                     

あっ!

コロニー(永島)阻止限界点を突破…コロニーは…

                                     

                                     

                                    

                                     

1階に落着!!(畳と一緒に)

                                    

                                     

                                     

                                     

                                     

その瞬間は良く覚えていない…

既に濡れてぼろぼろの畳と一緒に1階まで落下した永島。

その畳は1階に落着すると縦になり、その上に永島が落着…

畳の角が永島の腰をHIT!

「冗談ではない!」

なんて言える状況ではなかった。

しかし2階から1階まで落っこちて色んな箇所が痛いはずなのに…

なのに…

                                    

                                    

                                     

                                       

                                       

                                     

                                       

畳が直撃した箇所が「ジワジワ」と暖かくなっていく!

                                    

                                    

                                    

                                       

                                    

                                       

                                     

「ぬぐっ…うううううう…イタタタタタ…でもなんだこの感覚は…」

足、手、体はどこも痛いけど、強く打った腰の一部はとても気持ちのよい感覚。

「イテテテテテ…でも…でも…」

                                       

                                       

                                     

                                    

                                    

                                       

「痛いけど…新たなツボ発見!!」

永島はちょっとの間マジでマッサージ師を目指していたので、ツボとかの勉強もしたことがある。

その間に学んだどこのツボでもない…新たなツボ発見!

すごい物音を立てて落ちてきた永島を知人達家主が見にきた。最初は落ちて苦しみもがいている永島を心配していたが、先ほどの「ツボ発見!」の言葉を聞いて…

大爆笑!

今まで落ち込んでいた知人も笑ってくれた。

落ちながらも燃えていなかった物はちゃんと腕の中で無事だった。

その物を渡すと知人の親は「永島君のところにお願いするよ」と言ってくれた。営業は早速見積の話をしだしたが、知人の両親は営業とは話さず、永島本人と話をして決めたいと言ってくれた。

私自身上司に掛け合い、協力業者さんを泣かせに泣かせて知人達が出せると言った金額よりも少ない金額で解体させてもらえることになった。しかし条件としては造成、建築をウチで行うことが営業から言われた。

それでも承諾してくれた知人達と出火基の家主。

今は解体も終わり、建築工事中。

今ではその知人達も元気になり、仮宿舎で生活している。

                                                   

                                                 

                                                   

                                                     

                                                   

                                                   

                                                    

永島は落ちたけど

                                                   

                                                   

                                                    

                                                     

話のオチがないなぁ。

                                                   

                                                   

                                                    

                                                   

とまぁこんなことがありました。昨年の話なんですが、先ほど階段の1段を踏み外してマジで怪我をして思い出したので書いてみました。

皆さん階段にはご注意を。

まだ顎が痛い><

|

« 金曜日のこと | トップページ | MG ネモが家にやってきた!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45518/704438

この記事へのトラックバック一覧です: かなり痛かったけど新発見!!:

« 金曜日のこと | トップページ | MG ネモが家にやってきた!! »