« 私の初めてあげます!! | トップページ | こんなん作ってみました »

2006年3月18日 (土)

リアル話シリーズ

え~~今も会社です。(06:37)

誰もいないのでブログの更新をこそこそやっております(誰もいないのわかってても!)

とうとうこのブログにも1万人の方が来てくれた事になりました。

こんなどうしようもないブログでも来て、見てくださる方々に感謝です。

さてリアル話シリーズ!

第3話 「風呂場攻防戦」

別にお風呂が大好きとか、毎日数回もお風呂入ってるわけではないんですが、やっぱりお風呂は気持ちがいいですよね。

ちょっと遠出して景色のいい露天風呂に入りながら一杯!

く~~~~~~~!!!!!

想像しただけでノドが鳴りそうだ!!

星人成人を迎えてはや5年。随分おっさん臭くなったかな~と思うけど。

いいものはいい!

さすがに家の小さい風呂で飲むのは寂しいけど。

以前草津に行った時、信じられないくらいでかい露天風呂があったんですよ。

湯畑から少し上った所で車を置いたら徒歩で移動なんですが。

何百人と入れそうな感じのでかい露天風呂!しかも雪が舞ってました。

いや舞うというか…

横から吹き付けられてましたけどね^^

(この日関東は記録的な猛雪になった)

風呂から上がれば即雪に包まれるという極限状態の中での一杯!

最高にうまかった。

でもその2日後に風邪引いてダウンしました~。

さて2月某日友人の家(一人暮らし)に泊めてもらった時のこと。

殺陣の練習(今でも一応芝居的な殺陣の練習は続けている)をしていて汗をかいたので、友人の家の風呂を借りることにした永島。

友人は既に風呂から上がっているが、永島が上がるまでお酒はノータッチ。

生殺し状態。

「早く入って早く出て来い!!入浴は10秒da!!」

むちゃくちゃ言ってやがる。

「つまみでも作ってろ!!」

永島もむちゃくちゃ言う。

で!

その友人の家って結構古い家なんです。

水色のタイルはところどころ剥がれていて、窓には隙間もある。

そのせいで

外よりも寒い!

しかし風呂の大きさはピカ1!

大の大人が5人くらい入っても足が伸ばせるほど大きい!!

しかも結構深いので肩までゆったり浸かれる。

最高だぁ…

10秒ではなく10分くらい入っていてでようかと思ったら!

壁に見たくない奴がいる!

黒いBody…

茶色いWing…

長いLeg…

そうです!!

ゴキブリです!(正式名称「ヤマトゴキブリ」学術名 Periplaneta japonica ゴキブリ科)

レストラン等食事店では「太郎さん」「次郎さん」「五郎さん」「G」「5番」等で呼ばれます。

(これは永島が今まで働いたお店での呼び名です、もっとあるんじゃないかな?)

別に人間に危害を加えるというわけではないんですが、どうも虫が苦手な永島には天敵です!

N 「ああああ!!おい!!G!Gだよ!」

友人 「風呂場ですんな!!」

…何か勘違いされている。

しかも人としての常識を逸脱するほどの!!

N 「するか!!違うよゴキだよ!ゴキ!!」

友人 「KILL」

容赦ないなやっぱ。

しかし道具がない!永島愛用のヒノキの棒は玄関にあるし、永島ダイナミック、ニュークリア、スクリューパンチで撲殺は嫌だ!

何かないか何か…

しかし…

ここでGの専制攻撃!!

テレレレ!(ドラクエのね)

Gは空を飛んだ!

ブブブブブブブブブブブブ!!!

・・・

・・

                                             

                                         

                                          

                                              

                                           

                                           

                                          

                                          

                                                                

                                             

                                          

                                         

                                               

ギャーーーーーーーー!!!

                                         

                                           

                                          

                                          

                                          

                                         

                                               

                                             

                                           

                                         

                                         

                                       

永島は精神的なダメージを121くらった!

確かに飛翔能力はあるだろうけど…

永島めがけて飛んでくるとは…

しかも少し旋回されたTT

ここで神の知恵が働く!!

シャワーがあんじゃん!!

Let's 迎撃!!

くらえ熱湯!!(友人の家のシャワーはマジ火傷するんじゃないかっていうくらい熱い!)

しかしまたも奴は空を飛び!巧みにシャワー攻撃から逃げていく。

N 「漢だったらにげるんじゃねー!!正々堂々こいやゴラー!!」

友人 「メスだったらどうすんの?」 居間にいる友人からするどいツッコミ!

いい答えが出ないまま迎撃は続く!

しかし!ここでまた新たな問題が発生!!

レーダーに増援が見える!!

まさか・・・!!

ふと背後を見ると。

さらに3機の増援有!!

なにーーー!!!

4対1…

絶体絶命!!(Gごときで)

G1 「ふぇへへ・・・こいつ震えてやがるぜ!」

G2 「そんな攻撃じゃ蟻も殺せねーぜ~」

G3 「どこを見てやがるこっちだこっち^^」

G4 「ふっ…笑止!」

巧みに飛び回って走り回って永島を混乱させていく。

しかし!ここで永島の攻撃がG2にHIT!

連続攻撃で動きを止めて最後はメ○ットシャンプーでトドメ!!

(Gは洗剤等をかけると全身の油がなくなって動けなくなります、最強の物は「油汚れに~」で有名なJ○Y(隠してるようで隠れてない!!)一発でダウンさせることが可能です。)

G1、3、4 「G2-----!!!!」

N 「そこかーー!!」

G3,4が共に行動していたので一気に2機撃破!

残るはG1のみ(多分)

奴も永島も動かない…

動けないのだ…

動いた方が死ぬ!!

しかしここでまた予期せぬ出来事が!!

ぼっぼぼぼぼぼぼ!!!

湯沸かし器(この家のは古くて音がすごくうるさい)の音に反応してしまった。

N 「しまった!!」

G1はそれを好機にすかさず移動、冒頭で書いた「隙間」に向かってダッシュ!!

N 「なんてな^^」

G1 「!!」

G2~4との格闘戦闘の間、隙間という隙間にメ○ットシャンプーの罠をしかけた。

隙間にむかえばメ○ット地獄!

G1は罠にかかりあえなく御用となった。

第1次風呂場攻防戦は永島の勝利に終わった。

                                           

                                           

                                             

                                            

                                           

                                         

                                           

                                           

                                          

                                          

                                         

                                         

風呂から出てきたら友人はもう飲んでました。TT

追記 これが原因で40度近い熱を出した事は会社には言っておりません。

|

« 私の初めてあげます!! | トップページ | こんなん作ってみました »

コメント

わたしもゴキブリは・・・
ちょっと・というより
全く駄目です><
こどものおもちゃでも駄目です!
北海道はいないっていうのは
ほんとうですかねーです><

投稿: クリケット | 2006年3月21日 (火) 20時27分

こんばんわー

草津の湯畑の上のほうですよねー知ってますよー^-^

広いですよね^-^

湯畑横の足湯ってナンパしやすいですよねー^-^

あー草津行きたくなった。

あと・・・・・Gの呼び名ですがジョニーもあります
昔、ジョニーのおうち(ゴキぶりほいほい)
ジョニーのご飯(ホウ酸団子)と呼んでました

投稿: イズミ | 2006年3月21日 (火) 02時46分

ゴキですか^^
私もゴキネタは多いですよ~^^
カップ麺にゴキが入っていた時にはマジびっくりしましたが・・・
古い家には良くいますね、自分も古い家に住んでいたころ風呂場には良くゴキがでて、エアガンで撃ったら風呂場で四散してびっくりした事があります(嫁激怒)。
シャンプ攻撃も当たれば効果絶大ですが、当てるまでが大変なのでその後は掃除機を多用してます、そこそこ吸引力が強い掃除機であれば効果絶大です、掃除機のゴミパック内が塵でいっぱいであったり、吸引力が弱かったりすると掃除機も効果なしですが、ゴミパック内に塵がたまって無ければ吸引して掃除機内のゴミパック内でゴキ君はクシャクシャになってますよ^^
掃除機ON状態で吸引口を近づけるとほとんど逃げません^^慣れが必要ですが。ゴキ君人間の体温等で反応するので注意です^^
ここからが恐ろしい話で・・・・・・
風呂場での遭遇率が高く卵のような殻も発見したので風呂場の外を捜索したら、風呂場の外壁にカビ黒くなった古い戸板が数枚立てておいてるではないですか!!!
しかもその戸板の隙間から触覚がいっぱいゆらゆら動いてる!!その時ですねゴキの巣を初めてみたのは、戸板をはがすと恐ろしい光景でした。
(まックロクロ助がブワーって逃げるような感じでした、自分の足下にきたのは踏みつぶしましたが・・・・・)

自分もゴキだけは特別な反応をしてしまいます^^。

投稿: OMEGA | 2006年3月20日 (月) 11時06分

 ノースアイランドに住んで10年以上。太郎だの5番さんだのは目撃しておりません。
 ごくごく一部にしかいらっしゃらないようです。早朝、キタキツネがゴミステーションを漁っているを目撃したことはありますが…

投稿: うめもも | 2006年3月19日 (日) 21時46分

あわわわわあわ。
うちも風呂場付近台所付近は、シャンプーと洗剤で武装します。

そういえばジオンPCでGの名前を持つ人がいるのですが、イベントなどで見かけるたびに絶対的にLOCK ONをそちらに移します。しかも名前通り逃げ足早い……

GJ!&お疲れ様です。
でも体は資本なので、大切にね。

投稿: Calcifer | 2006年3月19日 (日) 13時24分

GJw

投稿: ザックス | 2006年3月18日 (土) 19時53分

どうして、ゴキちゃんは
こちらに向かってくるんでしょうね?

自宅に出没されたことはありませんが、
学生時のアルバイト先で、たびたびゴキちゃんの
襲撃にあっておりました。
台所洗剤が一番よく効いたようですが、
手元になかったときは、スリッパで迎撃したことがあります。

とりあえず、お風呂場攻防戦、お疲れ様でした。
お体、ご自愛ください。 (^-^)ノシ

投稿: コナン | 2006年3月18日 (土) 11時37分

気門がうまって窒息するからでなかったですか?

投稿: クライス・バウア@OZ | 2006年3月18日 (土) 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45518/1077708

この記事へのトラックバック一覧です: リアル話シリーズ:

« 私の初めてあげます!! | トップページ | こんなん作ってみました »