« 7/21 雨ですねぇ… | トップページ | 7/28 ちょっと、ってか大分ビビッたこと »

2006年7月25日 (火)

7/25 茨城出張 完結編

いやはや、もう7月も終わりが近いですね。

UCGOも課金方法がクレカのみでなくなってしまったので、クレカ持ってない方々が入ってくるでしょうね。

人が多くなるのはいいことです^^

でもチー○使う人は嫌だなぁ。

さてさて!

引っ張り過ぎと言われてるので、これで完結させたいと思います(まだいくつかネタはあるのですがねTT)                                                               

茨城出張編第4話

「ゴッドファーザー邸襲撃!」

(永島の本意ではないけど><)

Photo_40                                          

                                         

                                          

                                           

                                           

                                           

                                            

                                            

                                          

                                           

「あっ…」

                                                            

                                         

                                          

                                         

                                         

                                           

                                            

                                           

                                          

                                         

                                         

                                          

                                         

                                         

                                           

                                            

                                           

                                          

                                         

                                           

「ん・・・う・・・」

                                         

                                         

                                          

                                           

                                           

                                           

                                            

                                            

                                          

                                           

                                         

                                          

                                         

                                         

                                           

                                            

                                           

                                          

                                         

                                           

「うん…んん!」

                                          

                                         

                                          

                                         

                                         

                                           

                                            

                                           

                                          

                                         

                                           

「ああ・・・あああ!!あああああああああああああ!!!!」

                                         

                                         

                                          

                                         

                                         

                                           

                                            

                                           

                                          

                                            

                                           

                                          

                                          

                                        

                                         

「暑い!!!」

Photo_48                                                          

                                          

                                          

                                          

                                           

                                           

                                             

                                     

                                                                 

(ともちゅん氏へ。暑かっただけですが、期待を裏切ってしまったかな?^^) 

40畳くらいの大きな部屋のど真ん中…深夜3時のこと。

暑くて寝れない!!

クーラーは2つも設置してあるが、どうやら古いのであまり稼動していないようだ。

何故こうなったか?話は遡ること4時間前だ。

ゴッドファーザー親子に食事に誘って頂き…

おいしい食事。

弾む親子の楽しい会話。

緊張しっぱなしの永島。

そんなこんなで食事会も終了。

たどり着いたのは…

God Father'S House!!

Photo_49                                            

                                             

                                             

                                             

                                          

                                           

                                             

                                             

                                             

まぁ、ここで二人を降ろして、永島はまた現場事務所に~…

運転手 「到着致しました、どうぞ…」

ご丁寧にドアまで開けてもらってTT

降ろされてしまった…

そして車も行ってしまった…

玄関には…

もうアッチ系と明らかに見た目でわかる方々!!

(朝現場に来てた方々)

Neko                                            

                                             

                                           

                                             

                                             

                                             

                                                                                                                                   

全員 「おかえりなさいやし!!オジキ!お嬢様、そしてお客人!」

お父様 「おう!大切な客だ!丁重におもてなしするんだぞ」

全員 「へい!」

どデカイ玄関を開けると…

あれ?

家の玄関が小さく見えるなぁ…

大きい男 「こちらですお客人」

N 「はっはぁ」

玄関に着くまで数分。沈黙が続く…

そして玄関に到着。

またもやここにも二人の男が立っていて、玄関を開ける。

しかし…

玄関も近くで見るとでかいなぁ。

玄関を入り、また中に5人くらいが待っていた。

小さい男 「いらっしゃいやし、お客人。お疲れでしょう、風呂が沸いてますんで、まずはそちらに」

N 「はぁ」

お父様 「客人が風呂から出たら、部屋にお通ししろ」

小さい男 「へい」

なんかえらいことになってきた…

風呂って…

着替えなんかありやせんぜ!!旦那!!

とりあえずお風呂場まで案内される。

される…

される…

って何時になったら風呂に到着するん!!??

中は迷路みたいな構造で、中々到着しない。

数分後やっと到着。

風呂場の外で案内をしていた男が止まる。

男 「ここです」

N 「あっどうも…いや…そのですね。着替えないんですが」

男 「お客人が風呂に入ってる時にお持ち致しやす」

N 「いや見た目でわかると思うんですが、かなり大きいんで私…」

男 「ご安心下さい。ここに前いた奴が元相撲取りだったんで^^」

N 「あっなら大丈夫…っすよね」

そして着替え所に入る。

銭湯かここは!!

でかいなぁ…まぁ大所帯ならこうなるか。

汗と泥で汚れた服を脱ぎ捨て、風呂場に入る…

檜作りのこれまたでかい風呂だ…

しかも掛け流し!!

現場では、水は節約して使えって言ってる永島にとっては信じられない環境だTT

でもまぁかなりゆったりとできそうなんで、ここは甘えて浸からせてもらおう^^

貸切の銭湯みたいで気持ちも舞い上がる。

30分近くも長風呂をさせてもらった。

風呂から出ると…

永島の服がない!!(下着はかろうじてあったが)

服の中身は置いてあったが…

その横に超でかい浴衣が!!

いや永島もかなりでかいので、いいんだけど・・・

浴衣に着替えた永島。

どうみても相撲取りにしか見えないな。

携帯、財布、HGボールペン5本、EXスケール、Nメモ帳…

HGカッターがない!!

やはり武器はダメなのかな…

こうして着替え所のドアを開けると!

N 「おあああ!!」

無言でドアの前に立っていた男にかなりびびった永島。

小さい男 「お待ちしてました。こちらへ」

N 「どっどこに?」

小さい男 「オジキの部屋です^^」

まじかよ!!

ゴッドファーザーと1 on 1!!

Photo_43                         

                           

                           

                           

                           

                                              

                                          

洒落になってないよTT

そしてまた数分歩かされて、これまた大きなドアの前に到着。

ったくんなんでも大きければいいってもんじゃ…

小さい男 「お連れしました」

お父様 「おお^^どうぞ入ってくれ」

お風呂場からお父様の部屋に到着するまでの間。この小さい男と色々話をしていた。

ブログにもコメントをくれた「喜市」君です^^

年齢は永島と同じということもあって、仲良くなった。

その喜市君の情報によると、お父様がカタギの人間を部屋に入れたのは、喜市が知っている限りでは一度もなく。それに加えて、この○員の方々でも入れないらしい。

N 小声 「何で呼ばれたんかな?」

喜市 小声 「俺らもわかんないよ、何か話があるんじゃない?」

N 小声 「怖いなぁ、大丈夫かな?」

喜市 小声 「うん…まぁ大丈夫…だと思う」

お父様 「どうぞ~^^」

喜市 小声 「腹くくっていくきゃないっしょ^^」

N 「TT しっ失礼します!!」

お父様部屋にイン!!

壁には鹿の頭…

床にはトラの毛皮と頭…

あああ…とうとう俺は超えてはならない一線を越えたらしいTT

お父様 「まぁかけて^^そんな緊張しないで、君と話がしたかったんでね」

N 「ではお言葉に甘えて…失礼します」

お父様 「うん^^あっ何か飲むかい?お酒でいいかな?」

N 「っは!はい!!」

お父様 「ブランデーでいいかな?」

N 「はい!」

二人分のお酒を入れるとお父様は永島の対面に座った。

お父様 「乾杯^^」

N 「乾杯…」

お父様 「今日は本当にありがとう…君のおかげで娘は助かった…しかしそんな君に銃を向けてしまい申し訳なかった…」

N 「いえ!先ほども申しましたが、父親であるなら誰でも心配されるでしょうから。もう気にしていません」

お父様 「そうか…君のような男に娘を助けてもらってよかったよ…だが…娘をそこまで追い込んだ男っていうのはどんな奴なんだろうね?」

N 「娘さんから聞いた程度しか存じません、しかしそれをお話するのは、娘さんに悪いので申し上げできません。申し訳ありません」

お父様 「ふふ、君という男は実にいい^^」

( ゚д゚)!!

実にいい

気に入った

資格があるんじゃないか(アッチ系の)

娘も気にいってる

再就職決定!!!

Photo_47                                            

                                             

                                           

                                             

                                           

                                           

そればっかりはいやだーー!!

まだコッチの世界でしたいことがあるんだーーー!!

僕には帰れる場所があるんだ!!!

この後2時間近くお父様と歓談。

しかし話してみるとそこいらにいる普通のお父さんと同じで、娘を愛し、大切に思っている。

冗談も良く言うし、最初のことがなくて、普通に居酒屋とかで出会っていたらきっといい形の付き合いができたかもしれない。

まぁこういう形で出会ってしまったからといって、付き合いをしないわけではないのですが…(アッチの世界には行きませんがね!!)

で!

お父様の部屋から出ると今度は大きい男が待っていた。

この人が一番最初に現場で「貴方が監督さんかい?」と聞いてきて、入り口門から玄関までを案内してくれた方で「義成」さんと言います。

ブログでも書いた「義兄」というのは彼です。

部屋に案内されると、部屋の中には数十名の男達が待ち構えていた!!

一体何が始まるんだ!!

義兄 「さぁ!!お客人!話を聞かせてくだせい!!」

部屋には喜市君もいた。

N 「え?何が?」

義兄 「俺がここにきてもう35年になるが、オジキがあんなにまでなる相手は初めてなんだよ。カタギの人間はおろか、俺達だって部屋には入れないのに…一体何をしたんですかい?」

N 「あっいや…そのですね」

義兄 「まぁ座ってくだせい^^オジキには内緒ですが、酒もありますんで、飲みながら話ましょうや」

さっきまでいいお酒をたらふく飲んだなんて言えないなぁ…それに・・・

皆目をキラキラ輝かせて俺を見る!!

Photo_45                        

                           

                          

                        

                           

                           

                        

                            

                          

                                           

                                           

まるでショーウィンドウの中の物を物欲しそうに見ている子供のような目で…

N 「ええ~っと最初から話しますと~…」

説明の最中も皆黙って聞いている。

N 「と…こういうわけです」

義兄 「…なるほど…そういうわけですかい」

喜市 「今回はどうだったのかな?ねぇ義兄?」

義兄 「う~~んどうだろうな?」

N 「何がです?」

義兄 「いやね、お嬢さんが付き合ってる男を連れてきたのは今までに2回あるんだが…その度にオジキが…その…客人に向けたモノを向けてテストするんだよ」

N 「え?」

義兄 「それでビビッて逃げるようなら、もう二度とこの家の敷居をまたぐことはできねぇんだ」

N 「…」

義兄 「でだ!!今まではそのモノには弾~入ってないんだが…今回は…なぁ?」

喜市 「朝すっとんで自室に戻ってきたと思ったら部屋で何かを準備してからまた走ってたんだよ。多分今回は入ってたんじゃないかな・・・

( ゚д゚)!!

Sakana_2                         

                          

                          

                           

                           

                          

                                           

                                           

もしあの時、お嬢さんが説明してくれなかったら…今頃は…

リアルちゅるん!!??

その後はまた皆で飲み明かした。

そしてそのままその部屋に泊めてもらったんだけど…

暑いんです!!

結局ほとんど寝ることが出来ずに朝を向かえて…

喜市 「お客人、おはようございます!!」

N 「おはようございます…」

喜市 「失礼致し…って暑!!」

N 「寝れなかった…」

喜市 「クーラー壊れたんかな?皆でいた時は暑くなかったのにね」

N 「わかんない…暑くて寝れないし…きっついよ~

喜市 「っと、とりあえず朝風呂入ってきた方がいいね。服乾いてるから」

どうやら夜通しで服を洗濯、乾燥させてくれたらしい。

風呂から出てその服がとんでもないことになっていた!

ノリがバッチバチにきいててまるで新品、ってか作業着ならこんなノリきつくしなくても!!

そして朝食。

お父様とお嬢さんと永島の三人で朝食。

その量もハンパない!!

和洋中なんでもござれかい!!

ホテルのバイキングの全種類が目の前にあるっていう感じです。

お父様も娘さんも行儀良くハイスピードで食していく…

言葉を失うっていうのはこういうのを言うんだなぁ。

そんなこんなで食事も楽しく終了し、そろそろ永島も仕事の時間だ。

また玄関まで案内されると、玄関脇の靴入れの上にあった!!

俺のHGカッター!!(結構高かったのよTT)

やはり武器の持ち込みは禁止らしい^^

そして…

今まで気がつかなかったけど…

何故か永島の車のカギも!!

まさか!!

( ゚д゚)!!

走って入口まで向かうと…

永島Carが置いてある…

風呂場から出た際にすっかり確認するのを忘れていたようだTT

そして…

お父様及び他全員が見送りのため出てきた。

周囲には通勤、通学の人々の視線がグサグサささっていく!

お父様 「こんなお礼しかできなかったが、今回は娘を助けてくれて本当にありがとう^^」

全員 「ありがとうございやした!!」

N 「あっいや、こちらこそありがとうございました」

お父様 「じゃあ今日も頑張って仕事してきなさい^^」

N 「はい!」

車に乗り込む永島。エンジン始動!

!!

ガソリンが満タンになってるーー!!

(昨日で家に帰れるギリギリまでねばってた)

N 「ガソリンまで入れて頂き、ありがとうございます、ではこれで失礼…」                                                            

                                                            

                                                            

                                                              

                                                            

                                                             

                                           

                                             

                                             

                                           

                                           

                                           

                                             

                                           

                                             

                                           

全員 「ではまた^^」

お父様 「じゃあまた今度な^^」

そうなるよね…

そして現場に向かう永島。

色々な想いを抱きつつ、車を走らせる。

なんか大変な2日間だったなぁ。

そして午後。

またもや書類整理とみせかけて、クーラーの利いてる現場事務所内で仮眠(本眠じゃないですよ!!あくまでも!!仮眠ですから!!)

ナカさん 「監督!!」

いつもはドアをノックして入ってくるナカさんが、慌てて入ってきた。

ビクゥ!!( ゚д゚)!!

N 「なななな!!何今度は!?」

ナカさん 「寝てる場合じゃないよ!」

バレてたのか…orz(後で口を封じる必要があるな)

ナカさん 「また来てるんだよ><)

N 「誰が?」

部屋のカーテンを開けられて外を指さす。

義兄に喜市君!!!

急いで外に出て、話を聞くと、水神の方の仕事がない時は、こっちを手伝うように言われたらしい。(あんま忙しくないようなので^^)

こうして、作業員以外にも超有力な方々を従えて、現場は雨で工期が遅れるどころか、予定よりも1ヶ月近く、工期は短縮されました。

そして7月25日…今日で今までお世話になった現場事務所の撤去を見守って、この現場は永島の手から、建築へと引き継がれた。

長いようで短かったこの工事。本当に色んな事があった。

実を言うとこの現場には感謝もしている。

この工事が始まる前、UCでちょっと嫌なことがあり、本気で引退を考えていました。

この工事期間の間、インすることはほとんどできなくなる。しばらく離れようと考えていましたが…

やっぱりダメでした^^

やっぱりなんだかんだいってもガンダムが好きだし、UCで出会った人達との楽しい時間は忘れられなかった。

これで正式に明日から地元に戻っての仕事になりますが…

自分の机の周辺が書類だらけです!!

これを終わらせるのにまた時間がかかりそうですTT

まだまだUCにインできる日は遠い日になりそうだーーーー!!!!

次回はもう夏ですんで…

涼しくなる系(寒い話じゃあないですよ^^)

でお送りしたいと思いまちゅるん。

                                                                

最後に、これを見てる水神の方々。本当にお世話になりました。義兄、喜市君、大川さん、秋山兄さん、山上さん、仲川さん、他多数^^(あっ止めて!!目の下に液体ムヒはやめて!!)現場で手伝ってくれてありがとうございました。

またそちらに遊びに行きます^^。今度は普通なBBQ(現地調達じゃなくてね)でもしましょう^^

本当にありがとうございました^^

                                           

                                           

                                             

                                           

                                              

                                             

                                           

                                              

                                           

                                           

                                           

追伸 喜市君。乾燥パスタを持ってこられても、現場では作れませんので^^

(せめて携帯ガスコンロと鍋、あと必要最低限の道具、調味料、食材を持ってきましょう^^)

|

« 7/21 雨ですねぇ… | トップページ | 7/28 ちょっと、ってか大分ビビッたこと »

コメント

よーし!おいらもFMOやろーっと^^

投稿: ちょし | 2006年7月28日 (金) 23時46分

今回も面白くおかしく読まさせて頂きました。
濃い人生をお過ごしですねー。羨ましいです。

茨城懐かしいです。4年ほどひたちなか市と鹿嶋市に住んでました。

投稿: タマーマ2等 | 2006年7月28日 (金) 01時25分

監督さん。今までおつかれさん。

しかしパソコンってーのはなんか難しいな。

前回書かせてもらった時も40分くらいかかっちまった。

監督さんの現場、終わったのはわかってるけどなんか見にいっちまうんだよね。

でも俺らがいるとお客さん帰っちまうから今後は注意するよ。

そういや、今度そっちに行くかもしれないんだ。
そんときは監督さんの街案内してくれよな。

ちなみにお嬢さんはやっと今日から大学に復帰したよ。
心配かけさせてすまなかったね。
いきなり深夜3時に電話しても怒らない監督さんは本当よく人ができてるよ。
そういや皆言ってるけど、あんまゲームばっかしてんなよ(笑)

じゃあまた連絡するな。仕事頑張れよ。

追伸 これ書くのにかかった時間は20分に短縮できたぜ!(横で喜市がうるせえんだ)

投稿: 義 | 2006年7月27日 (木) 19時17分

むお、え~話やねえ^^
私も同じ建設業なんで、現場の厳しさよくわかりますわ~
今日より宇宙実装もあり、UC復帰まっとりますです。
でわでわ~^^

投稿: カーツ@ヨッパライ | 2006年7月27日 (木) 02時27分

いい話だったー^^
途中、どきどきしながら呼んでましたよ~
Bar隊長と共に ゲームの世界で待ってるよ!

投稿: リース・バヤ@槍隊G | 2006年7月26日 (水) 18時37分

永島さん。
今までおつかれさんでした。

昨日の帰りの挨拶、中々シビレるものがありました^^

義兄もなんだかんだで寂しいようで、今日はあんま口きいてくれないっす。

オジキも納得してるみてーです。

お嬢さんも昨日よりかは元気そうですが、やっぱ飯食う量は少ないっす(いつもなら3杯は食うんですがね、今日は1杯だけでした)

でもまぁまたこっちに来てください^^
水神の皆はいつでも待っておりやす!

追伸 なんであのパスタのこと書くかなぁ!

投稿: 喜市 | 2006年7月26日 (水) 17時05分

永島さんの復帰待ってますよ^^
がんばれーーーw

投稿: ザックス | 2006年7月26日 (水) 12時57分

スッキリしたーw
お仕事でいろいろあって楽しそうですねーw
出張お疲れ様でした^-^

投稿: ユイナ@べるせるく | 2006年7月26日 (水) 11時29分

なんかいつの間にか連載作家兼若頭になってるし。

ちょしさん。 一度遊びに行きたいですね^^

はま~さん。 やっと完結しました、長い間引っ張ってしまってすんません。

ともちゅん氏。 次回は涼しい系です。^^

チョッパーさん。 さすがにあの家の中でUCやるのは…

GanGanさん。 長い間お待たせしましたが、これで完結です。続きはないですTT

バルバロッサさん。 婚約ーーー!!TTそれはさすがにまずいっす!!

投稿: 永島 | 2006年7月26日 (水) 07時28分

お父様の家ってオイラの家とおんなじようだ♪

投稿: ちょし | 2006年7月26日 (水) 03時39分

やべぇ。。
涙で前が見えないヨォ~

投稿: はまー@銀弾 | 2006年7月26日 (水) 01時20分

真の先生は長期休養後に、
電撃発表&新作というパターンが・・・

電撃発表:今更語る事でも・・・
新作:真O道ドスこい日記!!

を、今か今かと待ってますw
入籍前に山積みの書類をすっきりガンバレ!

投稿: ともちゅん@ZRMF | 2006年7月26日 (水) 00時47分

隊長 おつかれッス^^

新たにZERO隊員獲得したみたいですね。本気で連邦に勧誘してナマハゲの楯になってもらったらいかがでしょうか?(笑

早い復帰を隊員みんなで待ってるよ^^

投稿: チョッパー | 2006年7月25日 (火) 21時08分

先生っ~。
文豪極道への道はどうなってしまうのですか?

あっ、そうか。
先生の事だから、完結と見せかけて
続きが有るんですね。
来週までに、原稿あげてね。

投稿: GanGan@nemesis | 2006年7月25日 (火) 20時16分

完結おめー。

・・・、あれ?婚約話への進展は? 義兄弟の契りは?
そうなっても不思議でない展開でしたねぇ。

ゲームの世界でまっちょります。

投稿: Bar@槍S | 2006年7月25日 (火) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45518/2774892

この記事へのトラックバック一覧です: 7/25 茨城出張 完結編:

« 7/21 雨ですねぇ… | トップページ | 7/28 ちょっと、ってか大分ビビッたこと »