« 7/3 出張先での出来事… | トップページ | 7/8 さらに続きDeath »

2006年7月 7日 (金)

7/7 続きDeath。

この前の続きですが、ファミレスでしこたま食った挙句、目の前で大泣きされて…

周囲からは

作業服を着た大男が腹いっぱい食った後で、華奢で小柄な女性を泣かせている。

実際は食ったのは女性で(その皿が永島側に置かれているので、永島が食ったようにしか見えない)泣き出したのも、自殺しようとした理由を聞いただけで…

もうひっちゃかめっちゃかですTT

とりあえず泣くのを止めるために慰めたが、それがまた逆効果!

とうとう店長まで出てきて…

T 「お客様、申し訳ございませんが…」

N 「あっすいません、もう出ますんで…」

結局店を半ば強制的に出させられる。

ってゆーか俺ドリンクバー、コーヒー2杯しか飲んでないのにTT

T 「ありがとうございます、お会計深夜料金含み6375円になります。」

                                            

                                          

                                              

                                             

                                           

                                             

                                             

                                           

                                            

                                             

                                               

                                              

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

                                           

                                             

                                           

                                             

                                           

                                              

                                             

                                           

                                             

おいおいなんだこの額は…

俺の昼飯の平均金額600円(仕事時)

                                           

                                           

                                             

                                             

                                             

                                             

                                           

                                           

                                           

昼飯代の10べぇーーだーーーー!!

Kamehameha                                          

                                              

                                 

                                   

                                    

                                                

                                                 

それでも支払いを済ませ(永島全部負担)店を出る。

泣き止まないままファミレスの駐車場でとくとくと人生について語る…

ここで永島は気付く。

ってか俺より…

年上なのでは!!??

年上(かもしれない)人にたいして人生について話たって…

数十分後なんとか泣き止み、車を発進させるも自宅の場所を言わない。

N 「なぁ、俺もう帰らないかんのよ。明日っていうかもう今日もこっちに来て仕事あるんよ」

女 「…」

N 「頼むよ、一旦は家に帰りたいんや、眠気もかなりきっついしさ。家の場所知られたくないなら近くまで送っていくから」

女 「うん…」

車を走らせて…

わずか3分!!

女 「ここ」

確かに1件、しかもかなり大きい家が建っている。

女 「ごめんね、なんか愚痴聞いてもらって…」

N 「…いやいいんよ…」

女 「でも男って卑怯だよね」

N 「何故さ?」

女 「皆そうやって優しく接してきてさ…結局飽きたら他の女がいいんだ」

ああ…始まった…

またこの後約2時間泣き続け…

                                             

                                           

                                           

                                              

                                             

                                              

                                              

                                             

                                             

                                           

                                              

                                             

周囲はすっかり朝です。

新聞配達の兄ちゃんには変な目で見られ…

ジョギングしているおじいさんにもまた変に見られ…

家から出てきたお父様にも変な目で見られ…

                                                             

!!

                                              

お父様!!??

(;゚Д゚)

                                              

                                             

                                              

                                               

                                             

                                              

                                              

                                                    

                                             

                                              

目が合った…

あっ帰ってった。

ほっ^^

しかし眠いなぁ。こりゃ事務所近くで仮眠だな。

やだなぁ、事務所の周りになんか

獣の足跡あるんだよねぇ…

あーーあ起きてるしかないか。

この考えてる間にもまたとくとくと説得し続け、そろそろ帰るような気配が出てきた。

外はもうかなり明るくなっていて。

小鳥の鳴き声

犬の鳴き声

新聞配達のバイクの音…

珍しく青い空も雲間に見える・・・

彼女の家の門(これまたでかいんだ)の上にも鳥がいる。

その門の下にお父様…

っつ!!

ちょっと待て!!

                                            

                                              

                                          

                                             

                                             

                                             

                                           

                                              

                                             

                                             

                                             

                                          

                                           

                             

その手に持っている猟銃はなんだ!?

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                           

                                              

                                           

                                             

                                          

                                              

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

                                           

                                          

                                           

                                           

                                           

                                           

                                             

                                           

                                             

うん、明らかに

俺をRock on!!

銃口をこちらに向けながら歩いてくる…

そらそうだよね。

お父様Eyesで見れば…

作業服を着た大男が自分の愛娘を泣かせているようにしか見えないよね。

あーーーーーっはははははは!!

今日の俺ってばどこまで運がないんだろ!!

もう笑うしかない。

しかし顔はこわばってる…

そして。

車の運転手側までお父様接近!!

その距離およそ

ドアのすぐむこう!!

銃口を車の窓に2~3回「ゴツ!」とぶつけるお父様。

父 「おい!!窓開けろ!!」

N 「はい…」

窓をオープンするとすぐさまお父様が銃口を永島の頭にくっつける!!

父 「貴様・・・ウチの娘に何をした!!」

ああ…やっぱりこうなった…

N 「いやこれはですね…」

父 「まず車から降りろ!!」

N 「説明をさせて下さい、まずはその猟銃を下げてもらえませんか?」

父 「だまれ!!貴様!娘に何をした!!」

ここで娘覚醒(泣きやんだ)

女 「違うのパパ!!」

父 「○○(女性の名前)!!お前この男になにされた!!この男に泣かされたんだろ!!」

N 「いやですからね…」

また銃口を永島の顔に突きつけるお父様。

女 「違うの!!…実は…」

説明するのにまた泣き始めて何を言ってるかもわからない。だがさすが父親、どうやら脳内翻訳をしたらしい。(ちなみに後半あたりは永島はさっぱりわからなかった)

女 「…っでいう…ぐす!わげなの…うううう…」

父 「・・・本当かね?」

N 「ええ、本当です」

少しの静寂の後お父様は銃を下に置き。

土下座!!

父 「我が娘の命を救ってくれた恩人に対し、罵声を浴びせるどころか、銃まで向けてしまい申し訳がたたない!!」

この後は娘さんは泣きじゃくり、お父様は頭を上げてくれなくて、ただただオロオロする永島。

約小一時間この状態が続き…

周囲はそろそろ出勤する人達。

その人達から見れば…

猟銃を持ったナイスミドルが、作業服を着た大男の前で土下座し、車の助手席では女が泣いている。

理解できない光景でしょうな。(ってか永島本人がもうパニくっててよくわかってない)

とりあえず、お父様に娘さんを預けて、永島は再度現場事務所に戻ることにした。

案の定。

事務所前には昨日まで無かった何かの獣の足跡が数箇所。

外にあったゴミ箱(生ものも捨ててる)がボッコボコにされて中身が散乱…

それでも疲れて車の中で爆睡してしまった。

目が覚めると周りは作業員だらけだった。

そして午後。

事務所の中で事務処理しているように見せかけて少し仮眠をとっていたら。

いきなり事務所のドアが勢いよく開く。

作業員 「監督さん!!」

N 「なな!!何!?どうしたん?」

作業員 「現場の外にお客さんだよ」

N 「・・・誰?」

そうすると作業員が右頬を指さし、目の下から口元まで指をスーッと下げた。

万国共通!!

やく○さんの合図!!

事務所からちょっと顔を出してみると…

高そうな車が3台、現場の前にとまってて外には4人ほどのモロやく○さんって感じの方達がTT

N 「シマに無言で入ってきたこと怒ってるのかな?」

作業員 「そんなん知らんですよ。監督だせってすごい勢いなんだよ」

N 「ナカさん(この作業員の名前)行ってきてよ!!監督代理ってことでさ!!これは監督命令です!!」

ナカ 「そんなん嫌ですよ!!」

仕方ないのでかなりびびりながらそのやく○さん達のところへ行くと…

やく○ 「貴方が監督かい?」

N 「・・・っそ、そうですが…」

すると高そうな車の窓が開く、そこには!!

To be continued!!

|

« 7/3 出張先での出来事… | トップページ | 7/8 さらに続きDeath »

コメント

永島さんへ
どうか私が覗きに行く前に、ちゅるんしないようにしてくださいね(汗)

投稿: Eiji | 2006年7月10日 (月) 11時30分

>あゆみさん
 お久しぶりです~。いやそんときはもう動けなかったですよ^^とりあえず話していた内容覚えていたのを書いただけですが、かなりビビリながらしゃべっていたと思います。ひーちゃんは立ち歩きましたか?^^

>はまー@銀弾さん
 大丈夫です!!私もブログの更新とかは仕事中ですから^^
(そんな暇があれば早よ帰ればいいのにっていうツッコミはなしで)お互いお仕事頑張りましょう^^

>ともちゅん@ヘソ酒
 こういうのも新しい感じでいいでしょ^^(だが3話で完結とは限らない!!)
最近はチェーンソーで庭木の伐採の手伝いしてますよ(だって昼間はやること少ないし^^)
その家に薪割り用の斧あったのですが、さびてて触りたくなかったので処分しました^^

投稿: 永島(腹痛でちゅるん寸前) | 2006年7月 8日 (土) 17時16分

話の内容が凄すぎる!
隊長さんが凄すぎる(。>_<。)
ってか、ご苦労様ですo(_ _*)o(笑)

早く続きが見たいョぉ~!!

投稿: あゆみ | 2006年7月 8日 (土) 15時04分

夜勤中に読む2chのえっちねたより気になる~~
仕事しろ?ハイ。。。

投稿: はまー@銀弾 | 2006年7月 8日 (土) 11時54分

おおおw予想を覆す尻アスな展開・・・
しかも3話目があるとわ・・・
これはもしや?!次話は斧持ったリアルなまはげ出現フラグか?!
舞台は山中だし、出現するにはサイコーのロケーションw

投稿: ともちゅん@ヘソ酒 | 2006年7月 8日 (土) 10時19分

>レッドさん
 何言ってるんですかぁ、こういう時こそ職権乱用でしょ^^
 ってかこういう時は作業員の方が見た目がどっこいどっこい な分頑張れそうでしょ。

>ジェイさん
 おかえりなさいですーTT
 本当お久しぶりですね^^イン率はいいんですか?日曜にも 帰れそうなんで、お会いできたらいいですね^^

あと今日にもこの続きと、明日昼頃できたら「涼しくなる」系をご紹介したいと思います。ウケケケケケ

投稿: 永島(睡魔の攻撃にやられちゅるん) | 2006年7月 8日 (土) 09時24分

おもしろ人生ですやん。
早く続きを希望(笑)

監督代理って事で行ってきて、
監督命令です・・って、
権力を無駄に行使しちゃあいかんぜよ。

気持ちはわかりますけどね(爆)

投稿: レッド | 2006年7月 8日 (土) 08時49分

ごぶさたでーす。
一週間ほど前からUCに復帰しました~^^

っつーかちょー気になるんですけど・・・
続きは?続きは??笑

投稿: ジェイ・メツガー(ジョナサン) | 2006年7月 8日 (土) 05時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45518/2539204

この記事へのトラックバック一覧です: 7/7 続きDeath。:

« 7/3 出張先での出来事… | トップページ | 7/8 さらに続きDeath »