« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

限界への挑戦

「反省はしてる…でも後悔はしていない!!」

これは、とある漢が残した名言である。

昨日、私はある漢と限界への挑戦を行った。

その漢とは…

D1010187_6                      

                          

                         

                        

                         

                                           

地元の友人である永島のブログよりも、サンボ店長のブログを欠かさず見ている男!

うどん大魔神である!

(店長ー^^うどん君へ生暖かいメッセージよろしくお願いします^^)

この漢は過去様々な限界への挑戦を行ってきた。

うどん10人前を軽々と食し!

(上の写真は食後、かなり余裕がある)

チーズバーガー12個をペロリとたいらげた後に

「あ!!注文で「君を一つ」って言い忘れちゃった^^」

Riaru_5                         

                         

                          

                         

                          

                         

                         

                       

                       

                                          

と下に走る余裕すら見える。(フィクションですが、マジで言いかねない)

映像にするとこんな感じ

http://storage.act-9.com/2005/1007/1008hg.swf

この漢と16時頃から行動を共にしたことで…

自動的に

暴走モード発令!

Photo_82                          

                          

                         

                           

                       

                         

                          

                                           

がデフォルトとなる。

今日はそこまでの経緯を書いて行こうと思う。

リアル日記

「マジでリアル自爆な一日」

06:30

何故か設定していた(記憶にない)目覚まし時計が発動。強制起床させられる。

同時刻

強制的に起された事に腹が立ち、目覚ましを

直球投げ!

その後二度寝。

08:40

起床、バラバラになった目覚まし時計の部品回収。

08:50

アクシズ落下完了。

同時刻

朝シャン、シャンプーがなく、仕方なくボディシャンプーで髪を洗う、しかし嫌な感触がする。リンスでなんとか事なきを得る。

09:05

朝食 ご飯と納豆。

09:20

自室に戻る。ガキ使の「松本廃旅館編」を見て爆笑。

10:00

A子より電話「年末の買い物行くから車出せゴルァ!!」とのことで出発。

さすが年末、どこも超混んでいる!!

1_1                          

                         

                        

                        

                         

                      

                                         

そんな中、自分の物は1個も買わない(買えない)状態で12:30まで荷物持ち。

13:00帰宅。

昼食 永島オリジナル和風パスタ(かなりの自信作)

13:30頃

UCGO

16:00

意識を失う(寝落ち)

2_10                        

                        

                           

                         

                          

                        

                         

                                         

                                         

(↑特に意味はありません)

16:28

うどん大魔神より電話、大阪出張のお土産をくれるとのことで、うどん邸に行く。

大阪というより関西方面のおみやげ「ぶたまん」を受領。ありがたやありがたや^^

17:??

地元のゲームセンターに到着。

戦場の絆をプレイ

なんかプレイって…ねぇ…ともちゅん氏系だよね。

Photo_83                       

                        

                        

                       

                       

                          

                         

                                          

戦場の絆 With うどん!!

1回目

永島 GM、うどん GM 他どっかの人 VS NPC

2勝(当たり前)

うどん君陸ガン受領。

2回目

永島 GM うどん君 陸ガンと同店内の人(超うまい) VS PC

1勝1引き分け

この時、永島は2機撃墜

といっても

また漁夫の利が1機なんですけどね^^

もう1機は違います。

相手はザクスナイパー。

しつこくうどん君や他の方を撃っているのが見えました。

何故かこういうのに対してすんごい執着心を燃やす永島!

テンさんアタック開始!!(注1)

攻撃中、友軍に撃破されたギャンとグフがリカバリーポイントより出現。

ちょうどリカバリーポイントでザクスナイパーとタイマン中だったため…

1VS3になる。

しかし!!

タダでは死なんよ!!

UCGOで鍛えたテンさんアタックの底力を発揮する!!

ギャンとグフが斬りかかる寸前でタックル(ザクスナイパーに)もう他の2機は

Out of 眼中!!(うわ~懐かしい)

ザクスナイパーを葬った後は、逃げることもせずグフを1回斬ってちゅるん。

1勝1負

3回目

永島 GM うどん 陸ガン 先ほどの方ともう一人 VS PC

相手も初心者だったのか、初めてランクBを出す。

そのおかげで陸ガン受領。

2勝

4回目

永島 陸ガン うどん 陸ガンとGMキャノン 先ほどの方

_012                       

                      

                       

                         

                           

                         

                       

                      

                       

                                        

_013                      

                       

                       

                       

                       

                     

                     

                      

                     

                                         

今度はちょっと強かったが、一緒にいる方が強かったため戦闘は有利だった。

後半うどん君がGMキャノンで

何故か!!GMキャノンで!!

最前線にいたため!!ちゅるんTT

2勝

こうして戦場の絆を満喫し、夕飯にする。

N 「夕飯どうすんの?家で食うんか?」

U 「いや、せっかくだし外で食おうと思って先に家に言ってきた」

N 「おお~そうか」

これが伝説の幕開けになるとは思ってもいなかった…

大体の場合。

うどん君と永島の二人で出かけた場合。

① 暴走する 9

② 家で食う 1

まぁぶっちゃけた話毎回暴走食事なんですがね^^

選択肢は3つ

焼肉食い放題

洋食系食い放題

和食超大盛りクラス

この3つだ。

焼肉の場合、肉が微妙ということでパス。

和食大盛りも味はまぁまぁ・・・だけど・・・

で、洋食系に行く予定にしていました。

N 「そういやさ、最近ブログネタないのよ…」

U 「じゃあさ、K(注2)いこうよ」

N 「ええええ~~~」

ちょうどその道は洋食系かKへの分かれ道だった。

U 「運転手の判断にまかせるけど^^」

N 「…」

どうする・・・?2006年の締めで

胃袋収めか!!

いや!!しかし…あそこは・・・

だが、本能の塊 永島 ハンドルはK側へ…

U 「とりあえず行ってみて、やってなかったら洋食系行こう^^」

Kに近づくにつれ、言葉数は少なくなっていく。

二人ともわかっているのだ。

わざわざ死地に赴こうとしている事を!!

N 「やってなければいいんだけどなぁ」

Kのある道に到着。

お店の明かりがついていないことを願う!!

N 「あ!」

U 「ああ!!」

                                         

                                         

                                         

                                         

                                        

                                          

                                          

                                         

                                        

                                          

                                         

                                         

点いてたTT

ここで観念してイベントは発生する。

「2006!!今年もお疲れさまでしたMy 胃袋!これで胃袋収めスペシャール!!」

このK、とりあえず量がハンパじゃない。

大盛りに至っては、知らないで来店した奴は必ずビビる!!

お店にイン。

N 「ふぅ…」

U 「ふぅ…」

ため息から始まる食事って一体^^

うどん君は、かつて完食することができなかった

かつ丼大盛り!

永島は初挑戦

チキンカツ定職大盛り

できるまでの間、余裕の会話をする二人。

しかし、どことなく暗いオーラが立ち込める。

まず最初に来るのがこれ。

_010                        

                       

                       

                      

                       

                      

                      

                      

                      

                                         

(奥のうどん君のはたまご二つなのは、永島がゆで卵が嫌いなので、強制的に渡した物)

このおでん、頼んでもいないのに毎度来ます。

いわゆる!!

サービスという名の前哨戦開始の合図!

とりあえず、メインが来るまで待とうということになった。

そしてうどん君のカツ丼大盛り到着

_009                       

                      

                      

                      

                     

                      

                                         

メニュー

カツ丼(大盛り)

おでん(サービス)

ミニうどん(サービスっていうかデフォ)

味噌汁(通常サイズ)

お新香

つづいて永島の

_007                       

                       

                         

                     

                      

                       

                                         

メニュー

チキンカツ

ごはん(大盛り)

ミニうどん(上と同じ)

おでん

味噌汁

お新香

ええ。

横のタバコが見えますでしょうか?

「なんだ^^大したことないじゃん^^」なんて思う方いると思いますがね。

このごはん上はふっくらと盛ってるように見えますが。

中は超圧縮されております!!

ここで通常の食卓をご覧下さい。

Photo_85                        

                         

                        

                          

                         

                                          

ここであのセリフが聞こえてきます。

「ガ○ダムファイト!レディーー…」

GO!!

Photo_86                        

                       

                         

                         

                                           

うどん君はまずミニうどんを先に撃破!

永島はご飯とおかずのバランス調整を開始。

超ハイペースで食していくうどん君。

N 「おお!余裕だね~この分なら天むすもいけるんちゃう?^^」

この発言は後ほど大変なことになる。

開始7分

_005                        

                       

                         

                      

                       

                      

                                        

うどん君完食!

_006                       

                       

                         

                       

                       

                        

                                          

永島の

もうね…

ご飯を食すっていうか

ご飯を掘って食うって感じなんですよ!!

15分後

永島完食…

(すいません写真忘れました)

うぷ…

しかしこの漢はまだ余裕があった…

U 「すいませ~ん」

                                        

                                          

                                        

                                         

                                         

                                         

                                          

                                          

                                        

                                         

                                         

U 「ざるそば追加で^^」

( ゚д゚)…

この時、この漢の口から出た言葉…

「反省はしている…でも後悔はしていない!!」

かっこいい…

        _004

                     

                         

                          

                           

                         

                      

                                        

来ました。

というか

来ちゃった^^(彼氏の家に突如きた彼女状態)

ここのざるそば。

山○うどんのそばの2.5倍はあります。

この漢が行ったのであれば

永島も応えなければならない!!

N 「すいませ~ん」

N 「天むす追加で」

_002                       

                       

                        

                         

                       

                       

                                         

ちょっと画像が悪いのですが、この天むす。

握りこぶしよりちょっと大きいくらいあります。

こうして大盛りを食した後の

ラウンド2開始!

漢の勲章を得るために!!

Photo_87                       

                       

                           

                       

                         

                                             

10分後

身動きとれなくなったデヴ二人…

結果

_001                          

                       

                       

                      

                       

                         

                                          

食べ物の神様!!

ごめんなさい!!

無理Death!!

Photo_84                       

                       

                      

                       

                       

                       

                                          

(↑の画像でお許し下さい)

こうして永島とうどん君の楽しい(?)夕飯は終了した…

皆さん!!

年末年始の暴飲暴食には注意しましょう!!

(パブロン必需品でっせ)

                                                            

注1

テンさんアタック

UCGO初期、ゾゴックが最強の時代に生まれた戦法。

当時大規模が頻繁にあり、迎撃は本当に大変だった…

その際に、相手後方に回り込み集団の中に割り込み、攻撃を開始。

一人一殺の信念の下、特攻作戦を行い、相手を道連れにすること。

ちなみに永島の初PC撃破は、このテンさんアタックによるもので、このテンさんアタックのおかげで影さん、マダラさんと知り合えた。

注2

K

埼玉県入間市にある和食処のこと。超大盛りで有名。

実はTVサイタマでここを報道した時に、永島がインタビューに出ていた。(しかもかつ丼大盛りを食していた)

あとミル姉さんやエゥーゴの方々へ。

いっつも流しているBGMはこれです。

「tekonv.wmv」をダウンロード

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

冬休み突入

皆さんおはようございます。

え~~珍しく自宅で書いております。

てゆーか

5分前に起きました^^

最近になって、仕事が落ち着いてきたのでUCGOへのインが多くできるようになり、今までインしていなかった「永島」の方でインしております。

3日前、超久しぶりに永島でイン。

VCにてTadさんが「空襲にいく」と言うので、愛機TIN コッドにてメルボルンを空襲に行きました。

Ws000273                        

                         

                          

                          

                       

                                              

え~~本当はいっぱいSS撮影してたはずなんですが…

実は…

WINショットを起動させてなかったとかいうオチがありまして!orz

これだけでしたTT

メルボルン空襲ではザクF2 1機を撃墜しましたが、後はへタレな永島の操縦では追いつけず、逃げられTT

メルボルン北Zテント付近の狩場で、ケロロ隊のホークさんに発見され、我が隊の2機の戦闘機が撃墜TT

その後、アム上げ中のゴッグを強襲するも、増援で来たズゴEにTad隊長機も撃墜され…

一人ぼっちになってしまいました。

メルボルンの街の上をちょろちょろ飛んだり、NPCを引っ張って遊んだりしてましたが、東テントが近いことがわかり(座標見てないで飛んでたからねぇ)テントに戻ると…

PCいっぱい!!

仕方ないのでハンガーに特攻をかまして格納しようとしたんですが・・・

リースさんのGバズ1発で愛機TIN コッドは天に召されました。

その後、シドニーに帰り、雑談をしていたところ、PC情報がちょろちょろと入っていたので迎撃に出た。

相手は…

永島にとっては縁の深いブラック・デビル隊だ。

南テントを拠点としていた頃から良く彼等に出くわしたもんだ。

西テントより発進し、追撃する。

VCにて座標の報告があり、向かうと・・・

いた。

追激戦が始まる!

最近乗りまくってる陸ガンでおいかけるが中々追いつけないTT

何度か反転してきたので、その際に攻撃を行う。

攻撃がヒットしていたが西Zテントに到達、しかし攻撃中だったので格納できずになんとか撃破。

その後も西の奥や北方面に向かったPCは逃げられてしまった。

仕方ないのでまた西テントに戻って佇んでいると、G-3がいた。

新規実装後初めて見た。

その方と(名前は一応秘密で)おしゃべりしてると

「永島さんガンダム3Eいる?」

え?

嘘?

「うそーん^^」

「いやネタ機体みたいなもんだし^^いいよ」

こうしてひょんなことからやっとガンダムに乗れることになりました!

いつか!

いつか!!

乗ってやる!!!と思っていたガンダム!!

Fルナ祭りの時も、ボス撃ってはみましたが、やはり永島は運が悪く、回収できたFルナは12個TT

街中でも時折Fルナは売っていますが…

基本的にギリギリ路線の生活をしている永島。

1個Fルナ10万という破格の金額でも!!

9個しか買えないじゃん!!

さすがに言えない…

「Fルナ 1個 10万です、在庫1000あります」

「では9個下さい」

「は~い」 (ちっ!しょぼいのが来たよ)

と思われるに違いない!!

そして念願のガンダムに乗ってみた!!

うおおおおおおおおおおおおおお!!!

動かねぇ!!orz

貴方の実力ではこの機体を・・・

ちくじょーーーーーーーーーー!!

仕方ないので、パトロールをかねてシドニーマラソンを開始。

まずは北側だ。

走りだして1分もしないうちに赤い点が見えた。

ん?

Nあんなところにいたっけ?

って!PCじゃん!!

こっちはダメージを回復してない陸ガン(45%)相手はグフだ!

ここで久しぶりに会敵したのが、あの有名なセーラー戦士部隊の火野レイ氏だった。

1VS1の状態。

相手はハンドマシンガン、こっちは・・・

頂き物のEXなぎなたで交戦!

やっぱりマシンガンは痛いなぁ。

あっという間に盾が昇天。ダメージが56%くらいになる。

しかし相手にも確実にダメージがある!

勝てる!

と思ったらグフが停止。

あれ?

火 「さぁ次次」

というと戦闘を終了してしまった。

潔いというのかなんというのか^^

まぁ、街への攻撃を防げたのでよかったよかった^^

その後もブラックデビル隊が南にいるというので向かったところ、友軍は4機、相手は6機くらい。

後退しようとした瞬間に集中攻撃をくらい…

最後の陸ガンはちゅるんTT

でびぃぃぃぃぃーーーーーーーる!!TT

やはり6月くらいからスキル上げを放置していたツケがまわったTT

皆強くなってるし!!(俺が弱いという点も大きい)

皆なにかしらのスキルがカンストしている中、ロストのみがカンストしてる永島では、今後お役に立てるのだろうか?心配になってきた。

でもでも!

これからも頑張りますよ!!

待ってろ!ジオン!

(嘘です、待ってなくていいです)

| | コメント (3)

2006年12月22日 (金)

これは・・・楽しいのかな?

おはようございます。

え~~ゲーム関連の情報見てたらこんなものみつけました。

http://www.bandaigames.channel.or.jp/

無双シリーズは結構やってるんで好きなんですが…

あれって…

接近戦主体じゃないですか。

Wiiのガンダムハンマーでもあるまいし…

まさか大量にザクとかが襲ってきて、それをぶった斬る!!

ってゲームなのかな…

なんか無双にしちゃいけん気がするんだけどな~。

確かにビームサーベルで斬っていくのはいいけど…

なんかガンダムの世界が変ってしまいそうな展開になりそうですね。

てか無双シリーズお決まりの「武器Lv」によるものはどうすんだろ?

Lv5の武器とLv1の武器…

ビームサーベルはビームサーベルじゃん…78-2のか79Gのとかいってもねぇ…

でも…

気になる…

それだけの理由で

PS3購入してしまいそうだ!!

「失敗した!! orz」

と思うかもしれんばい!!(何故か九州弁)

それでも!!

アーマード・コア4やターゲット・イン・サイトもあるしね~。

は!?

                                           

                                                     

                                           

                                          

                                           

                                              

                                           

                                             

                                             

                                              

                                              

てか本体(PS3)売ってないじゃん!!

仕方ないTT 出るまで待つか(既に買う気満々)

そういや、珍が出す「オペレーション・トロイ」

あれは・・・ねぇ・・・ネットワーク回線なけりゃ一人でやってもねぇ。

絵は綺麗だけど・・・ねぇ、皆さんも散々味わってきましたからね。

パッケージは綺麗!だけど中身は orz!!

| | コメント (6)

2006年12月20日 (水)

最近言われて…

どうもこんばんわ。

最近、戦場の絆デビューした永島です。

元Zero隊のオフ会で、初めてやったんですが

「おもしろい!!」

でも、宣伝広告に

「感じろ!!」

とか書いてあるの見て

「ああ~~ダガーさんの影響受けてそうだな、これ考えた人」

と思いました。

え~~最初のチュートリアルで、他店PC(友軍)がいたんですが、攻撃もしないでたってたって人がいました^^

おかげでNPCを全て一人でヌッ殺しました^^

途中で急遽仕事が入り、一旦メンバーとお別れして、会社に戻り~~…

帰ってきたころには、皆陸GM乗ってるし!!

せっかくなんで、またメンバーで実戦に出ましたが・・・

最初の画面

VCにて

N 「よろしく~」

サキタマ 「よろしく~」

はんぺら 「よろしく~」

しゅう 「よろしく~」

機体選択

N 「てか俺GMしかないし^^選択もくそも…って!!何で皆陸GMなん!!?」

H 「おいお~い、なんか薄っぺらいのがいるぞ^^」

SA 「名前が短いな~」

SYU 「^^」

ど畜生!! orz

仕方ないじゃん!!

仕事行ってて、やってなかったんだから仕方ないじゃん!!

文句言われながら2度目の出撃。

しかし相手が超強いし!!

アッガイ*2、ドム*2の編成だったんですが…

どうやったら3段斬りできんのよ!!

相手は3段やってくんのに、こっちは1段のみ…

最初の戦闘では3回も

チュルンしましたTT

くそぅ…

D1040005                           

                        

                        

                            

                             

                                              

                                               

2回目

隊員に

「何やってんだよ!!」

「前 出んなよ!!」

「ちゃんと動けYo!!」

などと罵声を浴びせられ…

敵からは

「こいつが一番狙いやすそうだ^^」

って感じで集中的に狙われ。

でもでも!!

頑張って!!

2機撃墜しました!!

まぁ…

漁夫の利ですがね^^

(注 漁夫の利作戦 味方がある程度減らした敵や、味方を攻撃中の敵機を狙って動きを止めたり、撃墜したりなどの卑怯と言われてもいい!生き残ることが重要だ!!作戦のこと)

D1040007                         

                           

                           

                          

                            

                                           

D1040011                            

                        

                           

                          

                           

                                               

(↑待機中の隊員です)

まぁなんとか陸ジムも手に入れたんですが…

一人でやるのっていうのもTT

まぁ土曜の夜とか日曜の夜にもしかするとインするかもしれません。

戦場で出会うかもしれない友軍の方々へ。

先に言っておきます。

「すまん!!」

え~~永島は特攻キャラです。

ちょこちょこ撃ちながら一気に斬ってますんで~

死ぬのがはやか!!

ビックトレー?

知らんのぉ~~。

という感じで戦闘してます(というかいまだに操作に慣れていないのが現状)

戦場で出会うかもしれない敵軍に告ぐ!!

「射撃なんてナンセンス!!サーベルで来いや!!」

え~~、かなり弱いんで、見逃してつか~さい TT

で、本題です。

「最近言われたこと」

新規実装にて、ヘリライフを楽しんでいる永島です。

しかし、ヘリで生産していると邪魔になるので、もっぱらホバトラで移動。時折ヘリで空を飛ぶのが楽しいです。

新規実装後、ある日の夕方。

店長のマネして、西テント、西Zテント間のパトロール(てか暇だった)をしていました。

初めて見る名前の方が多く、狩場は賑わっていました。

PCが来ることもなく、どこかの都市が攻撃されているという情報もないので、とある補給部隊でなまはげ状態でいると…

知らないキャラに声をかけられました。

X(一応公開しないようにMr.Xで)

X 「こんばんわ」

N 「こんばんわ」

X 「わぁ^^初めて永島さんに会った」

思ってたよりも永島って名前は知っている方がいるらしい。(てか忘れられてるかと思ってた)

N 「どうも」

X 「いつもブログ拝見してます^^」

N 「ああ~~それは嬉しいです^^ありがとうございます」

X 「本当」

X 「オチがいつもないですよね^^」

久しぶりに画面の前でガックリきましたよ。

ええ

きっつ~~~いのを1発くらいました。

MASANI!!

言葉のHG攻撃!!

くそぅ…

皆言いたかっただろうけど、踏み越えてはならない一言だと思ってきっと隠してたに違いない!!(ネガティブ思考発動)

N 「あはは…手厳しい^^」

X 「もうちょっとネタをまとめて書いたほうがいいですね」

N 「そうですか…」

X 「あっすいません^^」

X 「本当の事言ってしまって」

俺何か悪いことしたのかなぁTT

でも聞いてみるとこのXさん。某大手出版社の編集をしているらしい。

確かにそんな方から見れば

オチがない

つまらない

ものなんだろう…

ああ!わかったよ!!

オチがあればいいんでしょ!!

本当はこの事は書こうとは思っていなかったんですがね。

12/18 この日、永島はある現場にきていた。

畑だった土地を駐車場にしてくれとのことで、畑の地面を鋤取(すきとり)転圧作業をしていた。

そんな時、作業員の一人から声をかけられる。

S 「監督さん、芋穴出てきたよ」

N 「え~~~」

芋穴というのは、うど穴と同じようなもので、地下にトンネルを掘り、そこに芋やうど、野菜などを貯蔵する穴である。冬は地上よりあたたかく、夏は涼しい。

過去に何度か芋穴を見つけては

ぶっ潰したので

特に大変なものではなかった。

N 「じゃあ、掘んべ~や」

S 「う~い」

見えた穴は直径2m、深さ3m。まぁまぁの穴だ。

ここいらの地盤は表土が黒土で、その下は赤土の安定地盤。

家を建てるにはもってこいだ^^

1発目

ユンボのバケットが土をえぐる。

穴がよく見えるようになった。

そしてもう1発入れようとした時だ。

現場の南側には

台風でも運休しない!!

人身事故でも、まぁ、ある程度までは頑張るYO!

がスローガンの

「西武池袋線」が走っている。

電車が通過した瞬間だった。

浮遊感を感じた直後に

目の前真っ暗。

そこで意識を失ってしまった。

偶然ではあるが、落下前に写真を撮影しようとしてたので、落下後の写真があった。

これが!!

芋穴内部だ!!

Pict1448_1                      

                            

                              

                        

                           

                                            

(落下直前の写真、デジカメなのにブレている)

Pict1451                            

                             

                          

                        

                            

                                             

落下後、腕だけがこの芋穴付近にあり、落ちた衝撃でシャッターを押してしまったもの。

この時永島の身体の上には大量の土砂が堆積しており、本人は意識をなくしていた。

数分後(作業員がいうには3分ほど)でユンボが永島を掘り出し、救出された。

どうやら2枚目に写っている穴の後ろ側(つまりは永島本体があったところ)にも穴があったらしく、電車の揺れと、ユンボの振動で倒壊したらしい。

いやはや^^

なんとか無事でよかったです。

めでたしめでたし。

                                          

                                           

                                          

                                          

                                              

                                           

                                          

                                           

                                             

                                           

                                          

                                             

                                            

                                           

                                           

                                           

                                             

あれ?落ちの意味違ってる?

| | コメント (8)

2006年12月14日 (木)

リアル話シリーズ

今日は築50年とかいう私よりも一回り年上な家の解体の見積のために現場に行きました。

もうね。

解体しなくても

自然倒壊するんじゃないかって感じで^^

親柱に手を触れると、天井がミシミシ言うんですよ。

しかも雨降ってきた瞬間に、屋根と天井があるのに家の中にも雨が降ってるかのごとくの雨漏り。

何でこんなんなるまで放置してたんだか…

あとは築11年の家屋の解体。

え!!11年!!??平成生まれじゃあないかい!!

家を見ても全然綺麗だし解体する理由がわからなかった。

でもね…

そこの家って既に引越しが30回もされてるらしいんですよ…

久々にきました~~!!

MONDAI 物件!! (BANDAIみたいだな)

立地条件としては、45坪、南向き、駅まで徒歩15分くらい。

うんまぁまぁですな。買い物にも便利、学校は小中もある。

でもね…

雨戸開けても部屋が寒いんですよ…

まぁ冬っていうこともあると思うんですがね。

外よりも寒く感じるんですよ(中に入った時には問題物件だとは聞いていなかった)

N 「寒!!」

E 「寒いねぇ」

当ブログでおなじみ^^

またもやE氏の物件でございます。

N 「ねぇEさん」

E 「ん?」

N 「またなんかあるんでしょ?」 

Photo_79                            

                             

                                

                              

                             

                              

                                               


E 「わかる?^^」

もうね、ここまで付き合うとね。

わかるようになってしまうんですわ。

まぁいつものように写真撮影も行いました。

40枚中2枚ほどになんとも説明しがたい物もあり。

Photo_81                              

                             

                             

                              

                              

                              

                                

                              

                                             


見積には何も言わずに

The「お払い費」

を追加致しました^^

まぁ課長からは「またか」といった感じで了承されました。

この年になって、そういう場所にばっか連れてかれたせいか。

最近敏感になってきましてねぇ。

なんとな~~く

「いるのかな?」と感じるようになりました。

ただ勘のような物で気配くらいで、実際に見えるっていうのは~

20気配中1気配くらいで。はっきりと見えるわけではなく、煙みたいに見えるだけですんで、怖くもなんともないんですよね。あとはその者の感情みたいなものは色で見えるようです。
何が何の色かは不明なんですが、黒かったり青かったりするのは、きっと悲しいんではないでしょうか?
また赤かったりなんともいえない色は怒りなのかな?程度です。

大体は青とか赤が多いんですが、時折赤黒や青赤、ピカピカ光ってるように見えるものはなんとなく怖いですかね。

ただムカつくのは、向こうはこっちの都合とか考えないでフラフラしてるので、昼寝してる時とか、電話中とか、飲んでる時とかにちょろちょろされると…

こっちがムカムカするんですよね。

何赤くなってんだゴルァ!!(注 赤く見える奴)

Hei                            

                                 

                                

                            

                                 

                                 

                                 

                          

                             

                                              

                       

それと以前、霊感の強い知人に言われたのが、俺はおびき寄せるけど跳ね返すタイプ。

つまり

甘い声でささやいておいて















え?呼んでないけど

Photo_23_1                             

                            

                          

                            

                           

                          

                            

                           

                           

                                              


みたいな物らしい^^

霊能力者の方々にははっきりと見えるんでしょうね。

そういう人達の方が逆に怖いんじゃないかなぁ。はっきり見えるとなんとなく煙っぽく見えるじゃ差が大きいですよね。

ちなみに守護霊といわれるものはほとんど感じないし見えません。

まぁ時折人の後ろに黒~~いモヤのような物を見ちゃうと
(例題でいうと映画の「ゴースト」の悪霊みたいなものが空中に浮いてると思ってください)

「ああ~大変なんだな」って思いますね。

でも自分ではそれをどうしたらいいかもわからないし、力にもなれない。なんともやりきれないです。

てか、ぶっちゃけた話

「見えるからどうということはない!!」 

Photo_80                           

                           

                            

                           

                              

                             

                            

                           

                           

                                              



ということです。

ゴーストバスターズの武器のようなものでもあれば別ですが。

見えてしまう物全てが「悪」というわけではないし、(「善」とも言い切れませんが)

放っておくのが一番ですかね。

| | コメント (5)

2006年12月 8日 (金)

神はいないと思う瞬間。

こんばんわ。永島です。

遂に12月の実装内容が決まったそうですね。

いやはや^^

マグネットコーティングに

フルアーマー

なるほど。

ガンダム持ってない永島には関係なか!!

砂漠で寒冷地ジムとかって…

どうなのよ?

でもヘリや戦闘機が配備されるのは嬉しいですね^^

待ってろ!!ジオン民よ!!単機で上空から

爆撃(特攻)

う~~んやっぱどうしても

ネガティブな方向しか考えられん。

まぁ日記にも「ネガティブ」って書いていますしね。

本題

「神はいないと思う瞬間」

(注 お食事中の方は、全て食し終えてからご覧下さい。またかあっても当方は一切の責任を負いませんのであしからず)

大分前に、車内で食していたビックマックが空中に舞い、見事にチュルンしたお話を書きました。

今はあんなことがないように車内で(しかも運転中)食すのはやめました。

今日は現場内を歩きながら食していました。

風もなく、陽は出ていませんでしたがそんなに寒くない。

現場に置いてある人孔(マンホールと躯体のことです)の上に座り、ある意味優雅なひと時をすごしていると…

11時方向に敵機発見!!

カラスだ…

ここいら近辺では最近、カラスが人を襲うように(食い物を持ってる時)なってきているらしく。

既に数機が永島のビックマックもろもろをロックオン!!

周囲には他に人はいない…

11時方向に2匹、1時方向に1匹、4時方向に2匹、9時方向に1匹。

どれが囮でどれが本命かわかんねぇ!!

しかし突然戦闘開始となった!

どの方角にもいなかった別のカラスが上空よりダイブ!!

マックの袋(中にフィレオフィッシュ、ポテトが入ってる)をターゲットにしてきた!!

N 「わああああああああああああああ!!」

寸前の所で袋を奪い、足元に置く、こうすれば最終防衛ライン(永島本人)を突破されない限り補給物資は無事だ!

その1匹の突撃にあわすかのように11時、1時方面のカラスが上空に待機、狙っている。

いい加減、獣ごときが人間様の補給物資(しかも所持金ぎりぎりで購入した物)を奪われるなんて…

「我慢ならん!!」bySEED スターゲイザーのなんかのキャラ

取り出しまするわ~~

大ハンマー(先端は鉄製にVer UP!!)

機動力は失われたが、破壊力は超抜群!!

なんたって…

人間も殺せちゃうもんね^^

カラス共も永島の殺気(食い気)に気付いたのか、数匹が撤退を開始。

残るは3匹。

足元のマック袋はやらせん!!

数分後。

両者動かない。

は!!

補給物資(特にポテト)が冷める!!

冷めたポテトほど寒しくなる食べ物はないと思います。

仕方ないので車内で食べることにしました。

カラス共も諦めて撤退していく。

N 「ケッ!獣ごときが人間様の食い物に手出そうなんざ…」

                                           

そう言って歩きながらビックマックを食べる。

2/3は残っているのでゆっくりと食べよう。

                                           

                                           

                                              

                                           

                                             

                                              

                                            

                                              

                                           

                                           

                                           

                                             

                                             

                                             

ふぇ

                                           

                                           

                                             

                                              

                                           

                                              

                                          

                                           

                                             

                                             

                                                        

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          

                                              

べくしょん!!(くしゃみ)

Aska あ~~~~る晴れた~~♪

(曇ってたけど)

Aska 金曜日の~~~♪

Aska 朝だ~~った♪

(めっさ昼だけど)

Aska か~~~みさまと~~~

Aska け~~~~~いやくの~~~

Aska 期限切れーーーー!!(Chage 期限ぎれ~~)

By Chage&Aska 「ある晴れた金曜日の朝」

Photo_78                                     

                                    

                                    

                                   

                                    

                                    

                                  

                                                                 

(写真はイメージ映像です。実際の写真は20歳未満の方には公開できないため、お見せできません)

ええ…

獣共から必死で守ったビックマックは

最終防衛ラインの本人の

たった1発のくしゃみで!!

上バンズと下バーグ部分

2_9                         

                        

                         

                          

                           

                        

                                             

(注 イメージ映像です。実際の物は…これ以上語れません!!><)

が土に返りました。

3秒ルール?

んなもん無理!!

関東ローム層の粘性土のついた物って・・・

                                            

                                            

                                           

                                               

                                            

                                           

                                           

                                           

                                          

                                           

                                         

                                         

                                        

まるでうP----------(規制がかかりました!!)

もう恐れるものもなく、落ちた補給物資を我先にと食っていくカラス達。

車内で冷めたフィレオフィッシュとポテトを…

なんともいえない気持ちで食べました。

次回!!「神はいないと思う瞬間」シリーズPart2!

カップ焼きそばの悲劇!!

(まぁ大体の人は同じ体験してるだろうね)

Comming soon…?

| | コメント (7)

2006年12月 2日 (土)

冬になると…

皆様、おはようございます。

今日も色んな意味で元気な永島です。

今日は、朝食にホットドックを食べたんですが…

サルサソースが服に寄生したため!!

ものすっごくにおうんですよ。

あ!!あと皆様のおかげで8万いきました(ちょっと前だけどね)

まぁ途中で色々ありましたが、本当にありがとうございます!!

これからも頑張っていきます!!

さてさて、皆様は冬になると思い出すことはありませんか?

恋人と過ごした記憶…

家族でツリーを飾ったり…

色々楽しい記憶が多いと思います^^

まぁ…ね…

普通の人だったらそうだよね。

私はですね…

まぁいいこともあったんですがね。

一応!

でもどうしても忘れられない記憶って言うのもあるんですよ。

まさに…

「逝け!!アクシズ!忌まわしき記憶と共に!」

って感じで消去したい部分も多々^^

今日はそのうちの

1つ

をご紹介したいと思います。

あれはとても…

そうとても寒い日でした。

車の免許を取ったばかりの18歳の頃。

調子をこいて、ちょっと遠くまで行ってみようと思い…

免許を取って3日目で新潟まで行きました。

早朝4時。

周囲は真っ暗。

それでも内心ドキドキしながら出発。

本当なら友人も誘って行きたかったんですが、さすがに3日目で事故ったりして迷惑(下手すると迷惑通り過ぎて…ねぇ)をかけたくなかった。(てか朝4時に出発、しかも目的何も無しの日帰り旅行なんて来てくれないとおもったのが本音)

高速道路に入り、とりあえず上里までいこうと思った。

車の中で一人、好きな曲を聴きながら…

なんていい時間なんだろうか…

一人意味もなく新潟まで向かう

この無駄と思える時間の浪費!

専門学校時代は、かなりのハードスケジュールだった永島。

専門学校は上野で、バイトは2つ、時には3つやっていたこともあった。

朝は6時、帰宅は深夜3時がデフォルトな生活…

忙しい時間の過ごし方に慣れてしまってきた永島に久しぶりの緩やかな時間の経過が訪れていた。

そう

緩やかなね

そして高速道路を90km(100kmは怖くて出せなかった)で走っている永島にある出来事が勃発した。

キュルキュル…グギュルギュル…

!!

Photo_72                         

                            

                           

                          

                                

                                

                                 

                           

                                             

                                                            

     ↑

(イメージとは多少異なります)

な…なんだこの痛みは!!??

ってか…

こんな時間に!!??

そうです!!

永島にとっての魔の場所!!

嵐山!!

(野池フィッシングでしょっちゅう行ってるけどね^^)

ぬおおおおおおおおおおおおおおお!!

Photo_73                         

                           

                            

                                

                             

                             

                           

                              

                              

                                                 

       ↑

(イメージとはちょっと意味は違うかもしれませんが、まぁイメージはイメージだし、細かいことは気にしないで^^)

ハァ…ハァ…ハァ…

ピーブー!!

っつ!!

もーーーーーーーーだめだーーーーーーー!!

一般兵 「アムロ大尉!!フィフスが地球に向けて加速しました!!」

こーーーーーんな時になんで逆シャアが頭から離れないんだ!!

(これ以来から、何故かアクシズシリーズを耐える時に、逆シャアのイメージが出てくるようになりました)

あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

そして見えた!!

嵐山!!

やっぱり朝の5時近くであればガラガラだったので、難なくアクシズルームにイン。

しかし…神は我を見捨てたもうた。

神だけに…

紙がないんだよ!!

あるのは雑誌のみ…

これだけは嫌だTT

N 「すっ…すいませ~ん誰かいませんか?」

時間があだとなった…誰もいない…

くそ!!ポケットティッシュでも持ってくればよかった!!

(それ以来、永島カーのダッシュボードには、常にポケットティッシュが4つか5つは装備されている)

「えええぃ!!冗談ではない!!」

もうね…

人間のプライドなんてこんなものよ…

雑誌が当初より厚みが少なくなりましたとさ。

さて^^

アクシズも無事落着したし、またいこうかの。

その前に飲み物と朝食でも買おう。

これも楽しみの一つでした。

普段は家族か友人と出かけるので、あまりゆっくりできなかったサービスエリア…

でも今は俺一人…

超ゆっくりできんじゃん!!

朝食に選んだのはホットドックとおにぎり、そして…

「えええぃ!冗談ではない!!」(本日2回目)

クワトロのコーンスープ

Photo_74                         

                          

                             

                           

                                 

                              

                            

                             

                             

                                               

何気に結構おいしいので、永島は好きなんですが…2006年の今では、てんでみかけないですね。どっかにないかな?

まぁこれが点火材料になり、嵐山からは順調^^

好きな音楽と、思ってたよりホットドックがおいしかったことで気分もHi!!

このままひたすら新潟までGo!!

                                             

                                           

                                               

                                                

                                               

                                             

                                             

                                             

                                             

                                          

                                          

のはずだった…

ムギュルグルルッル~ピリピリ…

はう!!

Photo_75                           

                          

                              

                              

                           

                                           

                                                

またかい!!

シャア!!謀ったな!!シャア!!

       ↓

Photo_76                         

                             

                           

                             

                                

                                

                             

                          

                           

                                          

                                         

(クワトロのコーンスープが悪いわけではありません、まぁ原因かもしれませんでしたがね)

車内で苦しみ悶えている永島の目の前に見える光景…

事故渋滞!!

全然うごかねぇ…

どうやら事故った車が2車線塞いでいるらしい。

もう…

ダメだ…

「動け!動け!!ジ・O!何故動かん!!」

もうZネタでもなんでもいいよ…

「パワーダウンだと!?」

ああ…パワーも何もでないよ…

事故の状況を見ると、永島の3台前ほどで事故車両がいるらしい。

腹いたに悩まされながらも周囲を見ると、皆車から出てきていない。

救助活動すらされていなかった。

ってことは…

救助しない

車動かない

ドライバー危険(俺も危険)

ちゅるん!!

                                                             

それはまずか!!

車から出ると、埼玉より多少は空気が冷たく、少し粉雪も舞い始めていた…

外に出て初めてその事故の悲惨さを目の当たりにした。

素人判断ではあったが、前方の車がスリップし、後方の車が運転席側に追突。

その2台が2車線を塞いでしまっているようだった。

渋滞の列がどんどん長くなっていくのが見えたが、誰も外には出てこなく、代わりに聞こえるのはクラクションの嵐。

後方の車の、後部座席にいた人だろうか、怪我しながらも車を動かそうとしているのが見えた。

この時には、もう「冗談ではない!!」なんて言ってられる余裕もなく、気が付けば後方の車を押し出していた。

けが人+腹痛人間一人でなんとか動いてくれた。

前方の車両のフロントを見たが…

ここでは書きようがないほどひどい有様だった。

もはや救助という言葉が似合わない…

しかしまだ生きているかもしれない!

さらに雪も激しさを増し、手の感覚がなくなってきた。

それでも数人で壊れたドアを外し、運転手に声をかける。

少し唇が動いた、食い込んだハンドルから身体を離し、なんとか車から出そうとした。

その間、後方の運転手と助手席の人がなんとか無事で、多少の意識があったようなので、一時避難してもらった。

この時点で男性2人、女性3人が手伝いに来てくれたが、相変わらずクラクションと罵声は止むことはなかった。

しかし、ここで初めて人間の暖かさを知った。

永島の車の遥か後ろに、すんごい高級車が止まっていたのだが…

どうやらお忍びでどこかにでかけようとしていた若い頭の方とお友達(別表現でお送りしています)方も応援に来てくれたのだが…

応援よりも…

暴動鎮圧

の方が役に立って、最終的には20人ほどの人が車の移動やら、けが人の介護にあたった。

前方の車の運転手もなんとか車から出すことに成功。すぐさま雪避けと毛布、他暖かくなるようなものが到着し、若い頭の方とお友達+男連中で2台とも道端に移動できた。

移動完了後、寒い中ハイタッチを交わし、雪の中で皆で吸った煙草がとてもうまかった。

時間的には30分~1時間弱の事だったとおもうけど、人の温かさを感じた瞬間でした。

そんなこんなしているうちに警察が到着。

移動した車と、介護されているけが人を見て驚いていた。

あとは警察が車を誘導し、永島も自分の車に戻った。

瞬間に思い出す…

激痛TT

車の中で再発した痛みと苦しみに悶えている中、やっと事故車両横を通過…

ええ!!

警官が俺を止めた…

ピピーーー!!

まさか…

シートベルト!!??

忘れていた…><

もう覚悟を決めて窓を開ける。

N 「すいません…」

P 「あっさきほどの方ですね」

N 「罰金ですか?」

P 「…ああ~~雪でよく見えないな><」

N 「・・・え?」

P 「いや~まだ暗いし、雪もすごくなってきた。本官にはよく見えないかも^^」

急いでシートベルトをする。

P 「あ~~良くみるとちゃんとシートベルトしてましたね^^では雪ですから気をつけて^^」

そのまま通行を許可され、事故現場を通過。

さきほどクラクションを鳴らしまくってた車が警官に止められている。

マジ

ざまぁみろ!!

って思いましたよ。

その後、サービスエリアに無事到着、アクシズの第2波落着もすませ、食堂に行くと、さきほどの救助メンバーの大半の面々+クラクション野郎+若い頭とお友達の面々がいた。

アクシズルームにいて気がつかなかったんですが…

超吹雪!!

まぁ皆してお茶飲んだりしてわいわいしてました。で、クラクション野郎はちょっと連れてかれていましたが…その後は何も話さないでいましたね。

何があったんでしょうね^^

結局、その後、チェーン規制から、通行止めになり、Uターンせざるをえなくなりました。

色々あった初めての車一人遠出。

思い出したくない場面も多々ありましたが、人間の温かさを知った日でもありました。

ちなみに…

あの事故での死亡者は0だったそうで、帰りのナビのテレビでそれを知りました。

| | コメント (4)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »