« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月30日 (火)

リアルでUCGO

皆さんこんにちは。

毎日毎日クリッククリックの永島です。

なんとか!ジムキャノンをロールアウトさせたのですが…

53から上がり方が変り…

遂にシュバ君は3度目の破産を~~致しましたTT

いつもエンジンを提供してくれているアレックスさんのおかげで、今まで延命してきましたが!

資材もエンジンも買えないという総額「2391EF」で~~ございます。

仕方ないので、「永島」から補給物資と資金提供を行い。

なんとかまた復活し、元Zero隊の精製大臣のシャドーさんもそれを見て資材提供してくれましたTT

シャドーさんありがとうね!!

で、また毎日頑張っております。

そんな中、オーストラリア人の友人が永島邸に遊びにきました。

彼の名前はゲール君。

生まれも育ちもちゃきちゃきの

キャンベラっ子

ちょうどいい!

本物のキャンベラっ子にどんだけキャンベラが似てるか見てもらおう。

ゲール君は日本に来て10年。もうほっとんど日本語はマスターし、今は関西弁や京都弁を勉強しています(用途は不明)

でやはりガンダムを薦めた結果…

連VSジ(アーケード)では脅威的な強さを発揮。

今は「ギレンの野望」シリーズをいまさらながらやってますが…

顔付きパイロットが全員Zガンダムに乗っている(しかもジオン側)

という宇宙世紀を完全無視した内容でプレイ中でございます。

で。

UCGO起動。

ぺ~~~ぺ~~ぺ~~ぺ~ぺ~♪(最初の音楽ね)

チョリン

まず最初に出てきたのは永島の自宅前。

ゲ 「おお~~」

N 「どう?」

ゲ 「いいね^^MSはどこ?」

N 「じゃあ街いくべ」

永島の独身上等!!号に乗り、キャンベラの街を疾走。

この時点で今「永島」というキャラがキャンベラにいることは内緒にしている。

ゲ 「おお!」

ゲール君の反応というえば街なんかよりも

永島の独身上等号の上をジャンプしていった砂2の方が気になるらしい。

街を一周し、空港を目指す。

そしてTALミデアを召還する。

やはりゲール君のツッコミが入る。

ゲ 「なんで滑走路あるのにVTOLなん?燃料もったいないやんか」

N 「まぁまぁ^^」

ここでゲール君が気付く。

ゲ 「今どこの街だった?」

N 「キャンベラ^^」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲ 「HA!?」

まるで深夜のテレビショッピングの外人さんのようだ…

「冗談はやめてくれよ~^^BOB (UCGOのBOBさんとは関係ありません^^) 」

みたいな行動をするゲール君。

一応もう一度キャンベラに戻る。

街を永島の愛機「黒なまはげ」こと77-4で一周する。

ゲ 「…これは…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲ 「ひどい!!」

彼いわく…

全然街の形とか道路とかが違っているらしい。

半ばがっかりしながらシドニー到着。

ゲ 「ここは?」

N 「シドニーよ」

ゲ 「!!」

ゲ 「この街外に走る高速は一体何!!??」

N 「高速道路っしょ」

ゲ 「首都高じゃないんだから!なんで他の都市へ向かう道路がないの!」

しばらくゲール君お怒り。

しかし…

ガンダムに乗せた途端に期限回復。

ゲ 「ガンダムに79Gの盾搭載させるのはガンダムを愛するものとしては

邪道やね!」

ここで永島とゲール君とで口論勃発。盾の性能をとるか外見を取るか。

しばらく話して…

ゲ 「まぁ防御性能の向上と生存率のUPがあるなら仕方ないね」

説得成功。

そして西の狩場に赴く。

マゼラアタックを最初攻撃していたのだが…

西狩場にいるが永島を攻撃してきた。

その機体とは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギガン

Photo_105  

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲ 「な!何これ!www」

N 「何って…ギガンじゃないの」

ゲ 「HAHAHAHAHAHA!!」

どうやらMSVというものを知らなかったらしい(散々ガンダムの盾について熱く語っておきながら!!)

どうやら外人さんにとって、このギガンかなりツボに入るらしい。

以前紹介したロシア人のボル君もギガンを見ると…

マダムキラーの笑顔でにっこりと微笑みます。

ゲール君に至っては、言葉をしゃべるのも難しいほど

爆笑!

ゲ 「こっ…これ…どBUHAHAHAHA!!HI~~~~HAHA!!」

N 「まぁまぁ落ち着きなさいや^^で~何?ギガンが何?」

ゲ 「…(深呼吸中)ふぅ、このMA?…っぷ!ど…どうやって重心とってんの!?ぶっ」

N 「重心?」

2_11  

 

 

 

 

 

 

 

 

(孫一さんすいません画像勝手に使ってしまいました><)

確かに重心きっついよね…

一輪車に乗ってるようなもんだしね。

ゲ 「これ!!倒せるの!?」

N 「もちろん倒せますよぉ」

 「Shoot!!Kill Gigan!!」

そして永島のヘボスキルでNのギガンが1回避けた。

どす~~ん

ゲ 「すげーーー!!!!あの重心で上半身横にして倒れないんだ!!BUHAHAHAHA!!」

この後、狩場にてザク1、ザク2、FZ、F2、デザート、ザクキャノン等のMSを撃つことは禁止され、狩場にいるギガン討伐命令が下される。

そして最後のゲール君のセリフ…

ゲ 「Terrible…Terrible!!Zion」

連邦派だった彼が、ジオン派になる瞬間に立ち会った永島でした。

(追記 ゲール君より鈴木孫一さんへ 「ギガン乗りといえば孫一さんと聞きました。貴方は最高です^^」だそうです)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

ある電車内でのできごと

皆さんこんばんわ。

新しく入った新入社員の横でこそこそと更新中の永島です。

いやはや、昨日はまた頑張ってMS生産スキル上げを頑張ってたんですが。

23時の「襲撃ゴールデンタイム」

でちょし氏率いる拳隊やファントムペインの方々が来たと街に情報が流れてました。

N 「今日は行きたくないな~生産してたいな~」と思っていると

「西 制圧><」

マジかよ!?

相手は10機ほどらしい…

恐ろしい…ジオンの機動戦闘。

永島は最近自宅に帰っていなかった(眠くてその場でログアウト)

西テントに降りるともういない…

どうやら戻ってしまったらしい。

しかし砂漠の狐氏や三十四氏などが射程にいたので、追撃をかける。

でも…

基本的に弱弱な永島の攻撃ではダメを赤くすることはできても、撃墜には至らないんだな。これが。

結局1時間近く走りまわりましたが本隊は発見できず…

しばらくしたら「サザンにちょし」と報告があった。

だが…

睡魔に勝てずログアウト(また自宅に帰ってないTT)

も~~~追いかけるほうも大変ですわ!!

さてさて。

リアル日記の更新でっせ~。

「ある電車内での出来事…ナイアガラを垣間見た夜」

え~~本当はテラ・マックの事を書きたいんですがね…

N 「すいませんメガ・マック3つ下さい」

店員 「申し訳ございません、お一人様一つとなっております><」

断られております!!

仕方ないのでもうちょっとお待ちくだされTT

さて、永島の仕事は都内もございます。

移動は大半が車なんですが、時折電車も使います。

でもさすがに作業着で移動するのは恥ずかしいので、結婚式か別の式でしか着ないスーツで動きます。

営業はもちろん^^

当ブログ最登場人物のE氏ですよ。

E 「しかし遠いな~」

N 「ですな~」

この日は港区まで行ってきましたよ。

ハッキリ言って…

管轄外!

東京の仕事は東京者がやればいいんだーーー!!

しかも現場に着いたらですね…

もう人が住まなくなって2年になる建物なんですがね…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームレスが勝手に住んでたし!!

しかも超おっかねーー!

割れたビール瓶で刺そうとする始末。

ホ 「俺は出て行かねぇ~~~!ここは俺ん家だぁぁぁ!!」

などと言ってくる。

社会の犠牲者なんだなぁ…

しかし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウチの物件に手ぇ出した罪は重いぜ^^旦那ぁ

まぁ適度に腕をP----して、倒れこんだところにマウP----------

足が残ってたので踝を踏P--------------------

(R25です^^実際はもうちょっと手を抜いていますのでご安心を^^)

不法侵入、不法占拠等で警察につれていかれました…

まぁ一応正当防衛ということでお咎めなしですみました。

(本当はいけないらしいんですが、相手が武器を所持していた上、ちょっとアッチ系(どっちかは想像におまかせします)だったので今回は大目にみてくれたそうな…)

解体物件は警察が来てしまったんで、再度別の日に来ることになりました。

仕方ないので引き上げることに(警察署に行った後で)

時間は21時になってしまいました~TT

もう既に酔っ払って帰る方。

疲れて眠るOL

ベラベラと車内で携帯で話す小僧…

色々いますね~。

前は池袋のとある実験施設まで出勤してたんで見慣れた光景ではあるんですがね。

で、E氏が隣で永島は席の一番端、ここは人気がある席なんですよ。

なんてったって片方に頭傾けて寝れるじゃん!!

その席以外で、両隣に女性が座った日にはも~~~~!!

頭なんざ傾けようならセクハラで訴えられそうで怖い怖い><

話を戻しますね。

池袋から急行で地元入間まで帰ります。

石神井公園でまた人数が増えて、かなり満員に近い状態になります。

永島の前では疲労感溢れんばかりの疲れたオヤジさん(サラリーマン)

ふらふらしてる…

少しアルコールの匂いもする。

隣にはこれまた疲れ気味のOLさん(中の上かな)

静寂が包む車内。

走る度に響く「がたんごとん」の音。

誰かが小さく咳をした声が聞こえる。

永島は結構電車の雰囲気好きなんdねすよね^^

周囲に人はいるけど自分だけの時間って感じがします。

誰かの携帯がなり、小声で「電車の中だから切る」と言っている。

誰か風邪気味らしい。鼻水をすする音まで聞き取れる。

目的地までの移動中は隔離された空間…

それは時として恐ろしい結果を呼ぶこととなる。

「う」

誰かがそう言った。

足でも踏まれたのだろう。永島もよく踏まれたものだ(しかもヒールで><)

「プ」

?何かおかしなことでもあったのかな?

「う!うぷぷ!!」

!!

あ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは…コンボアタックだ!!

来る!?

一体どこから~~~っ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ヴヴぅ!!」

目の前かーーーーー!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fire!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はは…

決まったよ…

弱パンチ=「う」

弱パンチ=「プ」

中キック(浮かし)=「う!」

浮かし後弱パンチ、弱キック=「ウププ」

強パンチ=「ヴヴぅ」

そして…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓→↓→パンチボタン全部

II

ナイアガラリバース(超必殺技)(別表現でお送りしております)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

1/23の事

え~~UCやってる皆さんのほっとんどが体験するでしょう。

生産業務

無論永島も例外ではありません。

シコシコと毎日頑張っておりましたよ!!

武器、精製、MS…

一時、UCにインしていなかった頃から昨年末まで

5ヶ月近く生産してなかった頃からのブランクを埋めるように

毎日

毎日

4545とね。

で!

昨日やっと…

やっと!

LAとガンタンク2がロールアウトしました!!

(無改造だえどね)

これでシドニーの街中で

「すいませ~んLAお願いできませんか~」

と言われても

「OKぶらざー!!」

で返せまっせ!

DEMO!!

まだ改造できないけどね 超!orz

でもまぁ、これで自給自足生活の第2歩目を踏み出したZO~

次はジム改とEXビームガン生産ラインの確保だーー!!

何ヶ月でできるのかはわかんないけどTT

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

UCGOライフ 第3話

今日もキャンベラの住宅街は平和だ。

数キロ先では、ジオンの偵察部隊が侵攻してきているのが嘘のようだ。

Ws000406  

 

 

 

 

 

 

 

 

さて!!今日も牛乳を…

なんだこれは!!??

Ws000413                       

 

 

 

 

 

 

玄関前にこんなものが…

最近我が家の前に色んな物が投棄されている…

新聞の代わりなんだろうか?

さて^^

今日もぐいっと1本いきますか!

Ws000409  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今日はキャンベラの南テントへの弾薬補給の日だ。

でもあそこって…

行く途中にジオンの戦車がいるんだよな…

まだあの日乗った陸戦型ガンダムで行った方が安全だよな…

しかしガンダムではあまり搭載できないからいつもの

「独身上等!!号」

で出向。

Ws000423  

 

 

 

 

 

 

 

しっかし…

何もないなぁ~

あっ見えた!

Ws000424  

 

 

 

 

 

 

 

無事にキャンベラ南テント支店に到着。

出迎えもなしにテントの中に荷物を運び込む。

寂しい…

さて、次のスケジュールは…

シドニーで営業会議か。

色んなところに出向している仲間と久しぶりに出会う^^

さて車で空港まで移動。

Ws000405  

 

 

 

 

 

 

 Tal

  

 

 

 

 

  

 

 

Abine社用のミデアで出迎えしてくれた。

羽のところに書いてあるTALっていうのは一体どういう意味なのかは…

ここでは書かなくてもいいだろう^^

さて、シドニーについて、退屈な会議だ。

2時間後…

やっと終了。

で、外で同期の仲間と記念撮影。

Ws000391  

 

 

 

 

 

 

 

Abineシドニー支店のTeam WildShrikeの面々だ。

カズン・イェーヘン氏はちょうど同じ時期に入社したこともあり、シドニーに駐在していた頃は互いに戦場をトラックで駆け抜けた戦友だ。

さて、懐かしい面々と懐かしい会話を楽しんだ。

次のスケジュールはっと。

「連邦軍の陸戦型MSに搭乗し、180mmキャノンの性能テストを行え」

か…

ま~た一人でやらされるんじゃないだろうな~。

Abine西テント支店に到着し、試験用武器を受領。

「後はMSか」

今、永島用陸戦型ガンダムはクリーニング(定期メンテナンス)に出しているため本日は

Ws000415  

 

 

 

 

 

 

 

 

RGM-79G 陸戦型GM

佐官 「まぁ^^陸戦型ガンダムよりちょこっと使いづらい程度でほとんど同じですから。ちゃちゃっとやっておくんなまし」

いつもながら簡単に言いやがって!(怒)

佐官 「今日は連邦軍の傭兵部隊Kamikaze隊のTad911がバックアップにつきますから安心して

ぶっ放してください^^

Ws000416  

 

 

 

 

 

 

 

Ws000417  

 

 

 

 

 

 

 

まぁ仲間がいるんならいいか^^

で出発。

Ws000178  

 

 

 

 

 

 

 

Ws000180  

 

 

 

 

 

 

 

ん~~~。

今ふと思ったけど。

わざわざ俺がやらなくても傭兵部隊の人にお願いすればいいんじゃね?

だってさ…

俺ただのサラリーマンだし!!

まぁ…もう愚痴いっても仕方がない。

そして帰宅。

今日はこれでおしまい。

さて家に帰るか・・・

あれ?

なんかおかしい…

Before

 Ws000407

 

 

 

 

 

 

 

After

Ws000412  

 

 

 

 

 

 

 

トラックが玄関に特攻してるし!!

一体誰が…

気になる…

そして、キャンベラの自宅に訪問者が来た(永島滞在時)

リッチモンドで武器の生産をしている同僚のHさんだ^^

写真を撮ることができなかったんだが、何かおみやげをくれるとのこと。

一体なんだろう?

わくわくして自宅の庭に行くと。

Ws000421  

 

 

 

 

 

 

 

 

え?

魚雷?

いや違うな~。

え~~っと何?何??

hy dro gen・・・Bomb

hydrogen bomb。

ふむふむ。

翻訳すると…

hydorogen

II

水素

Bomb

II

爆弾。

ああ~~

水素爆弾^^

なんだ簡単じゃないか^^

こんなの英検準2級保持者の俺にとっちゃ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って!

水爆!!??

Photo_96  

 

 

 

 

 

 

Photo_97  

 

 

 

 

 

 

 

一体なんだこれは!?

てか

何故我が家にこんなおっそろしいもんが!!

あわわわわ!!

どどどど!!??

とりあえず!!

Ws000419  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボブスレーやるしか!!??

H 「家のオブジェにしてね^^」

がががが!!

ガトーさーーーん!!

以外にも身近なところで核弾頭手に入りまっせーー!!

いや…

ただ単に…

ガンダムに乗ってみたいから!!

Photo_102  

 

 

 

 

 

 

 

Photo_103   

 

 

 

 

 

 

Gp02  

 

 

 

 

 

 

 

 

 Photo_104  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とかそういう理由がなければ!簡単に手に入りまっせーー!!

いやはや…

UCGOの世界はおっかないな…

これなら頻繁にガトーさんがシドニー来るのもわかる気がする…

 

次回!「UCGOライフ 第4話 パース Abine社へ出張」

お楽しみに^^

 

ここでいつもの募集Death!

UCGOライフのロケ協力者さんを募集中です。

Abine社員

生産者様

傭兵さん

なんでもござれです!

お呼び頂ければAbine社のお仕事の合間にお伺いします!

こんな生活してるよ

仕事を紹介してほしい。

My ハウスを紹介してほしい。

なんでもかまいません。

連 ジ 関係なしにご紹介したいと思います。

コメントしていただくか、UCGO内で永島に声をかけてくだされば伺います。

よろしくお願いします~。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

新年初?リアル日記

皆さん、こんばんわ。

え~~ただいま会社に軟禁状態です。

というのも

今、永島がいるのは支店でして・・・

今度本社に移転することになったんですよ。

今引越し中なんですが、自分の荷物を梱包した後は業者さんがすべてやるので・・・

やることがないんです。

え?

じゃあ帰れって?(言ってなくても一応ね)

最後に鍵をしめる役を私がやることになりましてTT

本日24時まで会社に軟禁ですTT

一部のエリアはそのままなので、今はそこから書いております(会社の人間もう皆いないし、業者さんだけだし~~)

さて今年リアル話第1話

「少女 舞う!」

あれは月曜のことでした。

いつものように現場で視察していました。

現場の南側には大きな道路と歩道があり、通行量はかなりあるような場所です。

そんな時、永島の前方から女の子がメールを打ちながらチャリに乗ってます。

外見は・・・もうね

チャラチャラチャラチャラした感じのですよ!

何が楽しくてあんな格好…

スカートもこんな寒い時期なのに短いし…

おじさん理解に苦しむよ!

まぁそれは置いといて。

そんな格好の女が前方を見ずにメールしながら前進していきます。

先にはいくつもの不法投棄チャリ+ポール群。

すげぇ…

避けてる…

あいつAMBいくつだよ!

あと20mでチャリゾーンを越える。

10m

5m

しかし!!

いきなり不法投棄チャリの一台を動かしたやつがいて、ハンドルを取られた!!

そして目の前にはポールという名の

The 罠

がしゃーーん!

前輪がポールに激突。

激突して初めて気づいたようで、ブレーキも何もかけなかった女は…

慣性の法則に従い空中1回転。

永島との距離およそ7m

頭から落ちて1回転したのですが…

足をもろに開いて回転したため。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

N 「ん?…黒か…」

まぁ^^

これはいわゆるね… 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクシデントですから!!故意じゃないですから^^

前にも書いたように、足を広げるだけ広げたようで…

ミニの横が完全に破れてしまい。

一見すると…

「おっ!なんかのAVの撮影かい」

っていうくらいヤバめでした。

まぁ見てしまった以上、何もしないで

「ゴチ!!」

で帰るわけにはいかない。

マイカーの中にある挨拶周り用のタオル3本と、現場監督の必需品。

携帯医療キットを持って女のところへ。

まだ痛がってたのでその場に行く。

O 「いって~~~><」

N 「派手に回ったな^^」

O 「ああ?何?おじさん?」

N 「まぁいいから動くなや」

おじさんという単語に一瞬こめかみがピクッとなったが、けが人に必殺のブレーンバスターをかけるわけにはいかないので我慢する。

女は膝と肘、頭に擦り傷があったので、綿に消毒液をかけて消毒する。

O 「いってーーーよ!!」

N 「お前な~一応処置してやってんだからな~もうちょっと言葉を選べよ」

O 「…」

一応絆創膏を張って処置は終了。

足や手の骨は大丈夫かも確認した。

で、破けたスカートの変わりにタオル2枚を縫い合わせ、その場で巻けるようにした。

この間、両者無言のまま時を過ごす…

気まずい・・・

N 「まぁ、これに懲りたら携帯見ながらチャリなんかのんなよ^^」

O 「…っチ

N 「お前なぁ!そんな!…まぁもういいや、ホレできたぞ」

なんとか横の破けた個所が見えないようにはできた。裁縫が超苦手な永島のわりにはよくできたものだ。

N 「今日は出かけないで、家に帰っておけよ」

O 「…あたりまえじゃん…こんなダッサイ格好ででかけられるわけねーじゃん

N 「まぁそうだな。じゃ気~~つけてな」

そういって永島は現場に戻った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、今日。

月曜と同じくらいの時間にその現場に到着した。

その日は側溝工事のため、測量をしていた。

助手が見ている視界から消えてトランシーバーから声が聞こえる。

助手 「監督~お客さんみたいよ?」

N 「ああ?誰?」

後ろを見ると…

え!!??

嘘…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月曜の格好が嘘のような、有名お嬢様学校の制服姿の女が立っている。

最初、姉妹かとも思ったがおでこに絆創膏を張っている。

N 「おお!まさか学生だったとはな^^怪我はどうや?」

O 「…うん…大丈夫」

N 「そうかそうか、ならよかった^^今度からはあんな運転すんなよ^^」

O 「うん…」

N 「じゃあ仕事に戻らないかんから」

O 「ああ!おじさん!!待って

またもやこめかみがピクッとなったが…ここはこらえる。

N 「俺はまだおじさんじゃねーが…何?」

O 「あの時・・・見た?」

N 「・・・え?いや・・・見てナイデスヨ」

O 「あやし~~~」

N 「…」

O 「コーフンした?」

N 「はぁ!!??」

しばらくそんなやり取りがあり~…

N 「いくらなんでも15~8の小娘ごときにな~」

O 「え?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

O 「私1○才だよ^^」

いまどきの小娘ときたら…

怖いもんですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

ついてない…

皆さん、こんにちは

永島です。

え~~まずはメガマックなんですが…

そのですね…

なんか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

材料がないから販売中止とか言われたんですが!orz

そのくせビックマックは売ってる…

一体何の材料が!!??

月曜には再販するらしいんで、その時に

メガマックならぬ

テラマック

をお見せしたいと思います。

さて、3日前なんですが、生産キャラのバックパックを見たらクーポンがまだあったので

L4C陸GMを製作してもらいました。

中々使えて気に入ってました。

そして昨日。リッチ防衛戦

Zテントを制圧し、時間の経過を待っていると…

来ましたよ。

いつもの方々が。

しっかしドムは早いですね~。

まぁL4CではL3Aの加速と3Dくらいのジャンプがある程度らしく、3Aではぶっちぎりに置いてかれる陸GM君ではドム君においつけるはずもなく~

あっという間に視界からロスト。

防衛戦終了。

街に戻ろうとしたら、いつもの方々が撤退中の友軍を襲ってることが判明。

ジャーナルに応援要請して、援軍に向かったんですが…

レーダーには友軍見えずTT

撤退中の友軍も壊滅状態の中、戦場に到着。

戦闘中で、タゲ集中ができず、友軍が分散されてしまい。

個々に撃破されていく…

そして

永島も狙われた!!

まずい!!

初めてのL4機体を失うわけには~~!!

逃げる

逃げる!!

逃げる!!!!

あっ崖見えた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゅるん

うおおおおおおおおおお!!!TT

L4がぁ~><

結局撤退支援に行ったのに撤退できた友軍はいなかったみたいで…

一体何しに行ったんだろう…

大好きな陸GMとL4エンジンが失われたことでショックが大きく。

昨日は23時にはログアウトし、

ふてくされて「水曜どうでしょう」のDVD見てましたよ!!

今までL4エンジン探してきたけど見つからなかったからなぁ。

もうL4機体に乗ることはないだろうなぁ…でも乗りたいなぁ

さようなら…陸GM…

いい思い出をありがとう…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで募集です。

「UCGOライフ」のロケを手伝ってくれる方

キャンベラに自宅が欲しい方(妄想のみですが^^)

こんな生活してるよ~とか

仕事を紹介してほしいとか

部隊を紹介してほしい方

コメントをして頂くか、UCGO内で永島に話しかけて下さいませ^^

あとこれ超重要!!

L4エンジン(TJ(できればA~C))を売ってくださる方いましたら

是非!是非!!売ってくださいませ><

一度でいいからドムに追いついて攻撃してみたい!!

(まぁ色々と見えない作用が働いてるものは除きますが)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

あんま寒くはないかも系

皆さんおはようございます。

え~~本来であれば、「UCGOライフ」かメガマック系の話を書く予定だったんですが。

「UCGOライフ」はネタ探し奔走中

メガマックは1/17 本日の昼にチャレンジ予定です。

ですんで

その前にちょっと小話でも。

「大地主の家屋解体編」

土地っていうのはおもしろいもんで、むか~~しから持っていた人の物なんですよね。

まぁ時折「区画整理」とかいう恐ろしい罠で取られてしまうこともありますが。

地元では有名な大地主の家を解体することになりました。

まぁその地主さん、かなりの大地主で、かの昔はその一族が周辺を収めていたそうな…

しかし、時を得て、「大地主」であっても税金等には勝てず、自分の持つ土地を売っていったそうな…

そんな中で、一族も衰退し、一族最後の男性が死去。

一族の年齢も高い…

こうして地元の大地主の一族最後の一人がなくなり、遠戚の方が土地の所有権を得た。

そんでもってウチの不動産が土地を購入したわけなんですが…

現場に到着

時間は午後4時。

冬ではもう暗い時間だ。

業者さんと二人で、その土地と残った家屋を見ていく。

築46年の平屋。

増築に増築を重ねた家屋はまるで迷路のような構造をしている。

家屋内を照らす灯もなく、懐中電灯のみが暗闇を照らし出す。

中はまるで台風一過のような状態で、服や日常品が散乱しており、足元が悪かった。

旧家独特の雰囲気、別に初めてでもないので雰囲気では何も感じなかった。

3棟ある母屋の最後の母屋。

そこだけは感じが違っていた。

明らかに何かがいるとわかる…

業者さんでもそれを感じたらしく、あまり行きたがらない。

でも…

二人ともこれがお仕事だから><

中に入る。相変わらず中は汚い。

ペットフードか何かが床に散乱してて、転びそうになったりもした。

そして…

ある一室に入った時だ。

フッ

まさに一瞬だった。

永島の足元に大量の本やらなにかが落ちてきた。

灯を照らすと右側にあった本棚が倒れている。

だが…

地震もないのに本棚が倒れるわけがない。

空気がしびれていくような感覚。

N 「いる…」

業者 「え?」

その発言とほぼ同時に懐中電灯の電気が消えた。

永島と業者さんのと同時にだ。

電池は換えたばかり、電球にも以上はない。

二人とも、その存在が周囲にいる感覚があった。

それだけ強い何かがあるってことだ。

N 「あわわ…」

最近になって見る回数が増えてはいたが…

怖いものは怖い!!

基本的にはビビリーな永島。

感じているだけで20個以上の物を感じる。

そこで何を思ったか、永島は現場用カメラで撮影をしてみた。

だが…

やはりシャッターはおりない。

カメラの電源が切れたり入ったりしている。

くそったれ!

だったら!!

意地でも撮影してやる!!

そして何度かめのチャレンジで

撮影に成功。

※本当は写真をUPしたいのですが、マジで洒落にならない内容なので、皆様にご迷惑をかけてしまうことは避けたいので掲載させないことにしました※

写っていたのは大量のオーブと赤い煙のような物。

見ただけでも寒気がするような内容。

またお払いのために持っていくと…

見てくれた神主様が言うには

神 「これはすごいね。先祖様のご加護なのかな…」

N 「え?」

神 「多分進入してきたあなた達に敵意があったんじゃないかな、先祖代々守ってきた土地を守ろうとしたんだと思いますよ」

例え肉体が滅んでも、魂で子孫達と土地を守り抜く…

N 「すごいですね…」

神 「ええ…」

人の想いってここまでできるんだなと関心した。

神 「いや関心してちゃいけませんよ」

N 「え?何で?すごいことじゃないですか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神 「いや貴方に憑いてきちゃいますから

ああ~~なるほど。

                                             

                                             

                                              

                                               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャッチアンドリリースじゃなくて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャッチ=捕まえる

アンド=と 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノーリリース=呪い殺す

いやこれは厄介ですな^^

写真と共にお払いをしてもらい、今はなんともありません。

ご先祖の皆様。

できるだけ穏便に土地を守る方法を考えてくださいませTT

その土地の解体まで…

残り

58時間

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

あの戦慄の記憶再び…

昨年、永島は色んな挑戦をしてきました…

ビックマック3段重…

うどん5人前(これは思ってたより楽)

超大盛りチキンカツ定食+天むす

まぁ他にも書いてないんですが、色々やってました^^

そして…

1月12日…

大食国アメリカより奴はやってきた…

その名も…

MegaMac!!

Photo_95                           

                          

                           

                             

                          

                            

                           

                            

                                              

                                           

一見すると

「なんだ、ビックマックにバーグが2つ重なっただけじゃん」

とんでもない!!

簡単にいえば

Bigマック

N ハンバーガー

+

N チーズバーガー

MegaMac

EX Wバーガー

+

EX Wチーズバーガー

みたいなもんでっせ!!??

でね!!

最近インする度に言われるんですよ…

昨日もボイチャでね。

「永島さん」

N 「あい?」

「メガマック食べました?」

N 「食いましたよ~結構量ありますね」

「やっぱり3段重ね^^?」

正直に白状しますね。

実はこのブログで一番観覧されてるのって…

あのビックマックネタと怖い系なんですよ…

最近のココログにもアクセスカウンターが搭載されて、昔の見てたんですが…

一番観覧数、観覧時間が少ないのが

FMO系

2番

UCGO

リアルしかないじゃん俺のブログ!!(ネガティブモード発動)

ちくしょう><

てなわけで^^(相変わらず切り替え早)

ご要望に応えようじゃないですかい!!

明日か明後日に結果報告と写真を掲載します。

待ってろや!!

あっすいません調子こいてすいません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

表紙と題名とサブタイトルを変えてみました

ネガティブさは前回の猫の奴に比べたら負けてるけど、なかなかいい感じだと思ってこれにしました。

そうそう^^

キャンベラの私の自宅の住所が判明しました。

キャンベラ シュアレスアベニュー 200-4だそうです。

200-3はTad邸で、他はガラ空きですTT

でも最近、永島の家の前に駐車してあるトラック(独身上等!!号)が微妙に動いていたり。

玄関前にヒストリカ08があったり(玄関よりデカイし!)

家の前においてあったヘリが撃破されてたり><

バズ弾が意味もなく3個(しかも配置バラバラ)あったり…TT

何気に場所知られてるんだなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

UCGOライフ 第2話

おはようございます。

え~~昨晩から風邪が悪化してまして…

VCの皆様にも

「ぶぇくしょん!!」

「ごほ!ごほっ!!」

など迷惑かけてしまいましたTT

そういえば

来訪者が9万いきました~^^

こんなへタレブログですが、見てくださる方がいて

感謝感謝です^^

これからも頑張って書いていきますので、よろしくお願いします。

「UCGOライフ 第2話 シドニー出張」

今日は連邦軍の防衛する最大の拠点であるシドニーに出張の日だ。

といっても

ほとんどをシドニーで過ごしている永島。

出張という感覚はない。

そういえば、先日帰宅したら先に妻が帰っていたようだったのだが…

Ws000369_1                          

                       

                          

                       

                          

                                            

Ws000370_1                      

                         

                      

                       

                         

                                               

仕事を終えて遊びにきたTadさんを出迎えることなく消灯!!

てか

俺も帰ってきたのに><

そしてまた朝が来る。

いつものように牛乳を受け取り

Photo_94                                

                        

                          

                         

                           

                                             

出勤する。

今日はシドニーだ。

キャンベラ空港に向かう。

Ws000373                                 

                       

                       

                        

                        

                                             

そしていつもの場所に車を停めるのだが…

いっつもこの白いバンが駐車されてるな~。

帰ってきてないんだろうか?

いくら連邦が統括している都市とはいえ、いつジオン軍が来るかはわからない。

そんな危険地帯にず~~っと車をおいておくのは危険だ。

Ws000374

                   

                       

                      

                        

                                           

                                            

そしてキャンベラを出発。

Abine社所有のミデアに乗り込む。

このミデア、底面にあるファンにより、VTOLが可能な近代的な機体だ。

しかしここで疑問がある。

VTOLが可能なミデアが主力輸送機体である連邦軍なのに…

なんで滑走路がこんな長いのだろう?

他の機体が着陸、離陸するのは見たことないし…

まぁいい^^

Ws000380                                  

                       

                       

                          

                         

                                            

そして数分でシドニーに到着。

いつもの見慣れた街並みが見える。

Ws000382                                      

                        

                         

                         

                       

                      

                                             

まず最初はシドニーの武器工場に行き、本日の受領品を受け取る。

朝早い時間から、他の業者さんも頑張っている。

傭兵の方は、MSでそのまま受領にくるらしい。

Ws000383                                

                        

                         

                           

                         

                        

                                         

何時、何処で戦闘が開始されてもいいように という判断なのだろう。

しかし、小さなトラックで移動する私のようなサラリーマンにとっては…

踏み潰されないか心配でならない!!

まぁ今まで運がよかったようで、一度もそういうことはない。

武器の受領が完了し、Abine本社に出向する。

Ws000384                                    

                        

                          

                        

                          

                            

                                              

本社 偉い人 「よく来てくれた。本日の君の仕事なのだが…」

永島 「ハッ!」

偉い人 「本日は当社の武器の性能テストを行ってもらう」

永島 「ハッ!」

偉い人 「性能テストの際には、連邦軍の協力を得て、MSに搭乗してもらう。またこのテストでは実弾を使用し、破壊力、集弾率、命中率等を検証する」

永島 「了解致しました」

偉い人 「うむ!ではシドニーの西にある連邦軍の補給基地に向かえ!ハンガーにいる佐官の指示に従い、機体を受領後、テストを行え!」

永島 「ハッ!」

今回のテストで使用する武器は連邦軍の主力武器である100mmマシンガンの性能テストだ。

ハンガーに行き、そこにいた左官に声をかける。

永島 「Abine本社より派遣されました永島です」

佐官 「お話は伺っております、ではこちらへ」

そのままミデアに搭乗し、西テントへ。

佐官 「本日のテストではこちらの機体で行ってもらいます」

永島 「これは…」

佐官 「RX-79(G)陸戦型ガンダムです」

Ws000386                                    

                       

                        

                        

                         

                        

                                               

永島 「連邦軍の重要戦力の機体ではないですか?」

佐官 「これは本日よりAbine社 キャンベラ支店勤務の貴方の専用機体です」

永島 「は?」

佐官 「ですから、貴方の機体です」

永島 「いや、あの…私はサラリーマンなんですが…」

佐官 「まぁ^^そういうところはツッコまないで^^」

いいんだろうか!!これで!?

まぁ会社からの指示なら仕方ない。

佐官 「それでは出撃してください」

永島 「了解」

永島 「って!?え!!??!!??」

佐官 「そうですよ」

永島 「なんですか!?その撃って!?」

佐官 「え?だってそこまでジオンの偵察部隊きてるし^^」

永島 「いや!ですからね!私はサラリーマンなんですよ!」

佐官 「またまた~^^ご冗談を^^」

Ws000387

                                         

                           

                          

                             

                          

                                            

乗らされてしまった…

どこかで見た映画の内容を思い出す…

技術試験官だった者が、最後には自分がテストパイロットにさせられてしまう話だ。

その時にやけに印象に残ったセリフがある。

O 「えええ!!??僕に!!??パイロットをやれって言うのかぁぁぁぁ!!??」

それを見た時。

永島 「あはは^^いきなりそんなんあるかい^^」

今はこれだ

Ws000397                           

                          

                         

                         

                        

                                             

佐官 「とりあえずターゲットをロックオンしてトリガーを引いてくれればOKですから^^」

そんなんでいいのか?

佐官 「じゃあもうちょっと西側逝きましょうか^^」

永島 「了…って!!」

佐官 「何か?」

                                           

                                           

                                          

                                          

                                           

                                           

                                            

                                          

                                           

                                           

                                           

永島 「何で「逝きましょうか」になってるのよ!」

佐官 「まぁまぁ^^細かいことは気にしないで。さぁチャチャっと逝きましょう^^」

Ws000402                          

                           

                          

                          

                             

                                            

佐官 「ああ~いいのがいましたね^^あれを」

佐官 「殺りましょう^^」

佐官 「ああ!そうだ言い忘れてました。一応実戦テストってことなんですがね」

永島 「ええ」

佐官 「ここいらはジオンのエースパイロットも時々来ますから~」

永島 「そういうのって…」

                                          

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          

                                          

                                          

                                            

                                         

永島 「先に言う事なんじゃないの!!??」

佐官 「あっ後からも来てますから」

Ws000403                        

                          

                        

                        

                             

                                           

そんなこんなでテストも順調に行っていた。

佐官 「あれれ?」

永島 「?」

佐官 「なんか来てますね^^」

永島 「( ゚д゚)!!」

佐官 「まぁ大丈夫でしょ^^なんたって…」

佐官 「ガンダムなんだし^^」

永島 「逃げればいいの?逃げればいいの??」

佐官 「え?…」

永島 「え?」

                                           

                                            

                                          

                                            

                                          

                                           

                                         

                                          

                                           

                                             

佐官 「殺っちゃってくださいよ^^相手ジオンだし」

                                           

                                             

                                           

                                          

                                         

                                            

                                          

                                          

                                         

                                         

                                          

永島 「だからぁ!!俺は!サラリー」

佐官 「MS乗ってるんだから^^さぁ逝きましょう」

Ws000187                                     

                           

                           

                            

                         

                           

                                          

何時の間にか武器も変わっていて…

無我夢中に戦っていた…

ただのサラリーマンなのに…

何時のまにかお隣のTadさんも救援にかけつけてくれた。

飛び交う砲弾。

鈍い音が響き渡る戦場…

本来こんな場所にいるべき人間ではない私が何故こんな…

相手はジオンの蒼き鬼神 「MS-07B グフ」

素人同然の私が勝てるわけもない。

トリガーを引いて、弾を撃ち込んでいく!

永島 「わあああああああああああああ!!!!」

ロックオンの表示がされている限り、何発も打ち込んだ!

そして…

ロックオンのマークが消えると共に、グフが力尽きて倒れた。

永島 「倒した・・・?」

佐官 「そのようですね^^」

永島 「…はぁ…」

手と足が震えて、背中も大量の汗をかいている。

ここが戦場か…

すると

偉い人 「私だ、敵エースパイロットクラス2名を撃破したようだな!十分なデータがとれた。テストを終了し、西補給基地に帰還せよ。また基地に帰還後、本社に出向せよ」

永島 「りょ…了解」

友軍の向かう方向に走っていくと、基地が見えた。

終わった…

確かに戦場を走り回ることは何度もしてきたが、

Ws000365                                

                       

                         

                       

                        

                         

                                           

武器を持って戦うのはこれで最後だ。

終わったんだ。

本社に到着

偉い人 「よく戻った、君の働きは連邦軍の佐官から聞いたよ」

永島 「ハッ」

偉い人 「そこでだ…」

永島 「?」

偉い人 「君には連邦軍、傭兵部隊への補給物資運搬及び戦闘が勃発した際の支援を行うことを命ずる」

偉い人 「また、連邦軍より機体及び武器のテストパイロットの協力の申請があった。ジオンのエースパイロットを撃破した君だ。無事にこの任務も果たせるだろう」

永島 「…了解致しました」

偉い人 「その任務は特別任務として、指示がある、それまでは通常勤務を行い、特別任務の申請があった場合直接連絡するl

偉い人 「今後の君の活躍に期待する。以上だ」

めちゃくちゃだ…

人権はどこにいったんだ…

ただのサラリーマンの私が何故戦場に・・・?

しかし、この世界では戦う以外に生き延びる方法はない…

                                                             

いいぜ!戦ってやる!生き延びてやるさ!!

                                                            

1日の休暇をもらった後、私はキャンベラ空港に帰ってきた。

そこで見た光景は…

Ws000404                      

                        

                       

                         

                         

                                             

何かおかしい…

何かがおかしい!!

Before

Ws000374_1                        

                       

                      

                      

                       

                                            

After

Ws000404_1                        

                        

                      

                       

                         

                                           

車の向きが逆になってる!!!

キーは確かに持ってる…

一体どうやって…

世の中摩訶不思議なことがあるものだと思った。

                                                             

続く

                                                            

追伸 

UCGOライフへの撮影協力者を募集します^^

街の紹介をしてほしい。

仕事を紹介してほしい。

こんなものがあるよ。

など何でもかまいません^^

コメントかUC内で声をかけてくださ~い。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

UCGOライフ

「ふぁ~~」

大きくあくびをした私の視線の先には、まだ入居者があまりいないマンション群が見える。

眠い目をこすりながら、もう見慣れた風景を見回す。

さぁ!今日も忙しい1日が始まる。

「UCGOライフ (Viva!妄想生活!)」

まずは戦争状況化でも毎日配られる牛乳を受け取って飲む!

Photo_93                        

                       

                       

                          

                            

                                          

腰に手を当てて飲むのはデフォルトだ^^

そうこうしてると、お隣のTad 911さんが出勤するようだったので、急いで仕事着に着替えて挨拶をする。

永島 「おはようございます~」

Tad 「おはようございます~今日もいい裸族飲みっぷりで^^」

Tad邸の玄関前で少々おしゃべり。

彼の仕事は職業軍人ということだ、シドニーで毎日ジオンの部隊の侵攻を阻む勇敢な戦士だ。

Tad                       

                       

                        

                         

                         

                                           

Ws000311                          

                       

                         

                         

                         

                                               

Tad邸は永島邸の隣にある。まるでゴーストタウンのようなこの街唯一の隣人さんだ。

芝生に車を止めるのはアメリカ風なんだそうだ。

Ws000313                        

                      

                        

                          

                          

                                              

永島邸。ちゃんと駐車場に車をとめている^^

住所で言うとキャンベラ ブロック200-4らしい。まだ越してきたばかりで住所もろくに覚えていなかった。

愛車の「独身上等!!号」がちょっと歩道にはみ出ているのはご愛嬌ということで^^

さて出社。

誰も通らない道を我が物顔で進んでいく。

信号をコントロールする施設が破壊されたのか、街の信号はいっこうにかわらない。

当初は10分ほど信号待ちをして、クライアントとの待ち合わせにギリギリになったことはここでは語らなくてもいいだろう。

街中に入ると駐車場がないので、基本的には路上駐車だ。

Ws000317                       

                       

                       

                         

                         

                                          

いつもは駐車してても怒られないのだが…

今日は場所が悪かった。

Ws000318                        

                         

                        

                          

                          

                                          

この日はたまたま連邦軍の左官にみつかり、駐車禁止区域に駐車してることを怒られてしまった><

なんだかんだで仕事場に到着。

Ws000319                       

                       

                         

                         

                          

                                             

Abine キャンベラ支社

ここが永島の勤務先。

仕事内容は武器の販売、仕入れ、性能テストなど

分割すればいいじゃねーか!

と思うほどの多忙な仕事だ。

今日は武器の納品の日。

100mmマシンガンという連邦軍の純正品だ。

威力も高く、射程もそこそこあり、クライアントは多い。

Ws000320                          

                       

                       

                         

                          

                                              

よくよく考えれば

何で自宅から出勤、仕事中もおんなじ車なのかなぁ…

まぁいい^^常に共に行動しているこの「独身上等!!号」はそうそう沈まない。

連邦軍 キャンベラ南補給テントにある Abine 南テント支店にもこの車で向かうのだが。

時折徘徊しているマゼラ・アタックというジオンの主力戦車と出くわすことがある。

もちろん武器や弾薬をテントに運搬する、いわば生命線の役割を担っているのだ!

ジオンが狙わないわけがない!

飛び交う砲弾を回避しながら向かうとても危険な仕事だ。

というか…

そんな危険な場所に行くのに…

何でホバートラックを出してくれないんだ!!

結構黒字の会社のはずなんだけどなぁ…

それでも私は今日もオーストラリアの大地を走りまわる!!

地球のために戦ってくれる連邦軍や職業軍人、傭兵達のために…

続く!!

追伸 「UCGOライフ」にご協力してくれる方募集中^^

My ホームがある方

永島邸の近くに引っ越しされた方

お仕事を紹介してほしい方

こんな生活してるよ~っていう方

Abineの仕事の合間にお伺いします^^

UC中、もしくはコメントでおしえてくださ~い。

連邦、ジオン問いませ~ん。

お待ちしてま~す。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

悲しくなったこと

昨日、ちょっとブルーでして、ブログに「ぐべぇ~」と愚痴ってしまいました。

愚痴(?)

「新年早々悲しくなったこと」

1/4 その日は毎年恒例の高尾山巡礼。

スーツ姿で上るんですが、先日左足の親指を自転車に踏まれまして。

革靴はくと超痛い><

靴の中で傷口が開いていくのがわかった。

そして夕方。

これも恒例、食事会。

今年はビュッフェ方式でした。

ただ・・・

グループ全員で500名弱の我が社。

ちょっとおしゃべりして、飯を取りに行くと…

もうないTT

しかし残りカスを集めなんとかお皿を埋めていく。

そして…

カレーの匂いがする。

「ああ~カレーもあるのか^^」

しかし!!

そこで見た光景は!!

大量に残ったサフランライス

完全に沈黙したカレー鍋。

おたまでも掬えないほど…

えええええ・・・

サフランライスのみで食えってのかよ><

見た目はドライカレー。

味は…

サフランライスのみって結構きつかとですTT

新年早々悲しくなりました。

1/3

「初 獄 死 天 メンバーと合流」

っていうか

元Zero隊メンバー、シタルネン隊長以外の人と会うのは初めてです。

というのも、今お世話になっている獄 死 天 の

ハルドフレッグさん(通称ハルさん、ハルドさん、ハルドフさん。と色々あるらしい)

と戦場の絆の話で盛り上がり、今やホームステージになりつつある

ナムコランド 王子店にて会うことになりました。

1/3 

6:25 目覚ましが起動した模様

6:30 再度目覚まし起動した模様

6:45 再々度目覚まし起動 起床。

7:10 起床したはずなのに何故かまた寝ていた(通称 天国の二度寝)

7:15 朝風呂

7:40 風呂場で意識を回復(通称 風呂寝)

何故ここまで眠いかというと。

6:25の前

実はモンハン2をやっていまして…

クシャルダオラというおっきな竜をヌッ殺していました。

気付いたら…

5時!

ほっとんど寝れませんでした。

それでも8時ちょいには出発しないと。

あっでも20分くらい余裕あんじゃん^^

1階でホットカーペットとストーブの恩恵を受けながら

私の意識は遠のいていった。(ちょっと小説っぽく!)

私が暗闇の世界から戻ってきて、初めて見たものは、煌々と燃え盛るストーブと時を刻む時計だった。

時計の針は8時30分を表示している。

私の背中に、その表示を見た瞬間旋律が走った!

あ~~てかめんどくさいんで普通に書こう^^

ええ、簡単にいいますと。

寝坊しました!orz

急いで出発!

道が混んでいなきゃいいけど…

川越街道に入って最初に見た光景。

車がいねぇ…

いつも仕事で通ると車でいっぱいの道にちょろちょろしかいない。

VIVA三が日!!

特に何事もなく、1時間30で到着。

約束の10時ぴったし。

流石俺!!

目的地近くで先にきていたZero隊関東廃人会の面々が既に来ていた。

皆すごい仕事してるのに、よくあんなイン率高いなぁと不思議に思う。

廃人会 メンバー

目黒は庭みたいなもんだ!!

「はんぺら」さん

車があれば女はいらねぇ(嘘)

「サキタマ」さん

会社の社長を絆にハマらせたぜ!!

「シャドー」さん

以上3名がマックで飯を食ってまっていた。

10時、お店のシャッターが開くと同時に中に入り、絆開始。

_002_1                                 

                         

                        

                         

                           

                         

                                             

この隣に私とハルさんのが表示されてたんですが、時間切れで撮影できませんでしたTT

いや~~~

ハルさんがうまいうまい^^

サキタマさんも3段ができるようになり、シャドーさんも援護がうまくなっていました。

はんぺらさんに至っては、各隊員の耐久力を把握し、戦場を駆け巡る

まさに隊長

になっていました。

永島はといいますと…

終始

漁夫の利作戦!!

もしくは!!

スナイパー撲滅運動。

皆がうまいのでやることがなかとですよ。

でもまぁ^^

特攻囮(本人はその気がなかったりする)

でなんとか活躍しております。

_003                            

                            

                          

                             

                           

                          

                           

                          

                          

_001_1                             

                            

                         

                           

                           

                           

                             

                           

                              

                                                 

(↑おまけ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

ぐべぇ~

ぐべぇ~…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

謹賀新年(1日遅れ)

皆様、明けましておめでとうございます。

本年度もよろしくお願い致します。

Photo_88                           

                           

                            

                           

                          

                        

                                          

                                             

Photo_89                           

                         

                         

                         

                          

                         

                                            

え~~今年は新年早々西テントは大忙しです。

0時を過ぎて、インしたちょっと後に20機くらいのPC部隊にTadさんに造ってもらったLAが

蒸発

その後数回襲撃がありました。

えりかMK=2さんやイングウェイさんなどが街に侵攻してきたり…

そしてログアウトしようと思ったらVCより

「PC!…ザク2!」

ザクなら余裕かな?と思っていましたよ。

ええ

ザク2ですよ。

しかし到着した際に爆散したのは友軍機!

ええ!!??

ザク2のモノアイがこっちを見る(気がする)

相手はレッドバックスの蒼矢さん。

戦場で会うのは初めてかな…

1VS1

初撃は永島。

しかしあまりダメージがない。

相手はヒートホーク。

本当は接近戦をしたかったが、友軍機の援軍も考慮し、後退しながら100mmを当てる。

でも…

このザク2超痛い!!><

陸ガンなのに押されてる…

これが…

これが!!

「MSの性能の違いが戦力の決定的な差ではないことを教えてやる!!」

Photo_91                          

                        

                          

                            

                          

                     

                       

                         

                        

                           

                       

                                           

強い…

というか…

俺が弱いのか!!><

後ダッシュでは追いつかれて攻撃される。

100mmを撃ちながら後退する。

友軍が駆けつけて、斬りながら応戦してくれるが、蒼矢さんは…

永島Onlyに集中!!

3_3                         

                        

                          

                         

                           

                                              

負けられねぇ!!

リペもなんとか通る!

最後はEXナギナタで攻撃を開始。

なんとか撃退に成功した。

ふぅ…

危なかった。

Photo_90                       

                         

                       

                        

                       

                          

                          

                          

                                             

(↑特に意味はないんですが…元ネタわかるかなぁ)

最近の西テントは色んな方が来る。

ケルベロスさん(スペル忘れました><)

小鉄さん

ビックマグナムさん

レッドバックスの皆さん。

シルバーバレットの皆さん。

皆強いよTT

弾は当たらない

リペも通る…

そして何より!!

追いつけない!!

さすが重装甲機動MSドムとでも言うべきか。

昨日はこんなんして遊んでいたら

Ws000284                        

                          

                      

                          

                           

                                             

レッドバックス隊の

ザクⅡ漢祭り

が開始され、5~6機のザクⅡと戦闘がありました。

いや~~

強ぇ~~><

そしてまたしても!!

蒼矢さんに狙われる!

くそぅ…

あの中にいた友軍の中で一番弱いことを知っているらしい!!

怖い怖い><

そんなこんなで始まった2007年。

一体どんな年になるのかなぁ…

とりあえず今年の目標^^

今年こそ彼女を作る!!

そう思ってもう何年になるかなぁ…

まぁ頑張ります^^

では皆様^^

今年もどうぞよろしくお願いします^^

コメントくれた

ロッチナさん

カーツさん

店長さん

めあさん

Barbarossaさん

セシリーさん

ありがとうです^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »