« あの戦慄の記憶再び… | トップページ | ついてない… »

2007年1月17日 (水)

あんま寒くはないかも系

皆さんおはようございます。

え~~本来であれば、「UCGOライフ」かメガマック系の話を書く予定だったんですが。

「UCGOライフ」はネタ探し奔走中

メガマックは1/17 本日の昼にチャレンジ予定です。

ですんで

その前にちょっと小話でも。

「大地主の家屋解体編」

土地っていうのはおもしろいもんで、むか~~しから持っていた人の物なんですよね。

まぁ時折「区画整理」とかいう恐ろしい罠で取られてしまうこともありますが。

地元では有名な大地主の家を解体することになりました。

まぁその地主さん、かなりの大地主で、かの昔はその一族が周辺を収めていたそうな…

しかし、時を得て、「大地主」であっても税金等には勝てず、自分の持つ土地を売っていったそうな…

そんな中で、一族も衰退し、一族最後の男性が死去。

一族の年齢も高い…

こうして地元の大地主の一族最後の一人がなくなり、遠戚の方が土地の所有権を得た。

そんでもってウチの不動産が土地を購入したわけなんですが…

現場に到着

時間は午後4時。

冬ではもう暗い時間だ。

業者さんと二人で、その土地と残った家屋を見ていく。

築46年の平屋。

増築に増築を重ねた家屋はまるで迷路のような構造をしている。

家屋内を照らす灯もなく、懐中電灯のみが暗闇を照らし出す。

中はまるで台風一過のような状態で、服や日常品が散乱しており、足元が悪かった。

旧家独特の雰囲気、別に初めてでもないので雰囲気では何も感じなかった。

3棟ある母屋の最後の母屋。

そこだけは感じが違っていた。

明らかに何かがいるとわかる…

業者さんでもそれを感じたらしく、あまり行きたがらない。

でも…

二人ともこれがお仕事だから><

中に入る。相変わらず中は汚い。

ペットフードか何かが床に散乱してて、転びそうになったりもした。

そして…

ある一室に入った時だ。

フッ

まさに一瞬だった。

永島の足元に大量の本やらなにかが落ちてきた。

灯を照らすと右側にあった本棚が倒れている。

だが…

地震もないのに本棚が倒れるわけがない。

空気がしびれていくような感覚。

N 「いる…」

業者 「え?」

その発言とほぼ同時に懐中電灯の電気が消えた。

永島と業者さんのと同時にだ。

電池は換えたばかり、電球にも以上はない。

二人とも、その存在が周囲にいる感覚があった。

それだけ強い何かがあるってことだ。

N 「あわわ…」

最近になって見る回数が増えてはいたが…

怖いものは怖い!!

基本的にはビビリーな永島。

感じているだけで20個以上の物を感じる。

そこで何を思ったか、永島は現場用カメラで撮影をしてみた。

だが…

やはりシャッターはおりない。

カメラの電源が切れたり入ったりしている。

くそったれ!

だったら!!

意地でも撮影してやる!!

そして何度かめのチャレンジで

撮影に成功。

※本当は写真をUPしたいのですが、マジで洒落にならない内容なので、皆様にご迷惑をかけてしまうことは避けたいので掲載させないことにしました※

写っていたのは大量のオーブと赤い煙のような物。

見ただけでも寒気がするような内容。

またお払いのために持っていくと…

見てくれた神主様が言うには

神 「これはすごいね。先祖様のご加護なのかな…」

N 「え?」

神 「多分進入してきたあなた達に敵意があったんじゃないかな、先祖代々守ってきた土地を守ろうとしたんだと思いますよ」

例え肉体が滅んでも、魂で子孫達と土地を守り抜く…

N 「すごいですね…」

神 「ええ…」

人の想いってここまでできるんだなと関心した。

神 「いや関心してちゃいけませんよ」

N 「え?何で?すごいことじゃないですか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神 「いや貴方に憑いてきちゃいますから

ああ~~なるほど。

                                             

                                             

                                              

                                               

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャッチアンドリリースじゃなくて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャッチ=捕まえる

アンド=と 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノーリリース=呪い殺す

いやこれは厄介ですな^^

写真と共にお払いをしてもらい、今はなんともありません。

ご先祖の皆様。

できるだけ穏便に土地を守る方法を考えてくださいませTT

その土地の解体まで…

残り

58時間

|

« あの戦慄の記憶再び… | トップページ | ついてない… »

コメント

タッカー君

いらっしゃ~い。いつも見てくれてありがとう^^
また貴重な意見聞かせてね。

Beerさん

続きか…嫌でも続き物になりそうですね。自分でもそう思います。

ともちゅん氏

いつもコメントありがとう^^
「ソッチ」系の仕事というか現場が多くなってきてるのは事実かも…
まぁどこも不景気ってことですかな。
一応前に教えてもらったので、帰社時、帰宅時に行ってます。
おかげで今のところは何もありません。

あ…

でも

昨日…

L4陸GM落とされたTT

関係あるのかな~(絶対無!)

投稿: 永島 | 2007年1月18日 (木) 08時26分

マジコエーーw
これ、オレでもコエェよ・・・w
感じるけど見えない。写してみると映ってる。。
この瞬間が最大の恐怖だな;
デジタルになって、「その場」で分かるから、
なおコエェ・・・;

つか、永島たん「ソレ専門部」に転属されたんですか?命いくらあっても足りないぞ^^;

そういう時、帰ったときはお風呂に
お塩一握りと、日本酒(ワンカップ清酒とか)を
入れて、入るといいよ。バケツに入れて、浴びてもおk。
簡単な禊ぎっす。「低級」ならコレで逝けるはず
(激ヤバなら冷水使ってお百度になるけど・・・)

投稿: ともちゅん | 2007年1月17日 (水) 20時35分

このおわりはアレっすね。
続きがありそうなw

続き期待してます^^

なにか在ります様にw

投稿: BeerBoy | 2007年1月17日 (水) 20時34分

このおわりはアレっすね。
続きがありそうなw

続き期待してます^^

なにか在ります様にw

投稿: BeerBoy | 2007年1月17日 (水) 20時33分

ひさーしぶりの投稿です^^
表紙が変わったことも知らなかったので見てびっくりしましたww
ビビリーでも意地でも撮り続けるとはww
自分だったらにげるなww(ぼそ~ww

投稿: タッカー | 2007年1月17日 (水) 17時57分

ううTT
好きでなったわけじゃないもん><

それに見えるといっても時折だし、モヤみたいな物に色がついていたりする程度で、くっきり見えるってことは滅多にありません。

まだその方がマシですよね^^

完全に見えちゃう人は大変だなと思いますよ><

投稿: 永島 | 2007年1月17日 (水) 17時25分

いわんこっちゃねー。すっかり見える組になっとるじゃないですか。

投稿: うめもも | 2007年1月17日 (水) 17時05分

いわんこっちゃねー。すっかり見える組になっとるじゃないですか。

投稿: うめもも | 2007年1月17日 (水) 17時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45518/4963333

この記事へのトラックバック一覧です: あんま寒くはないかも系:

« あの戦慄の記憶再び… | トップページ | ついてない… »