« UCGOライフ | トップページ | 表紙と題名とサブタイトルを変えてみました »

2007年1月10日 (水)

UCGOライフ 第2話

おはようございます。

え~~昨晩から風邪が悪化してまして…

VCの皆様にも

「ぶぇくしょん!!」

「ごほ!ごほっ!!」

など迷惑かけてしまいましたTT

そういえば

来訪者が9万いきました~^^

こんなへタレブログですが、見てくださる方がいて

感謝感謝です^^

これからも頑張って書いていきますので、よろしくお願いします。

「UCGOライフ 第2話 シドニー出張」

今日は連邦軍の防衛する最大の拠点であるシドニーに出張の日だ。

といっても

ほとんどをシドニーで過ごしている永島。

出張という感覚はない。

そういえば、先日帰宅したら先に妻が帰っていたようだったのだが…

Ws000369_1                          

                       

                          

                       

                          

                                            

Ws000370_1                      

                         

                      

                       

                         

                                               

仕事を終えて遊びにきたTadさんを出迎えることなく消灯!!

てか

俺も帰ってきたのに><

そしてまた朝が来る。

いつものように牛乳を受け取り

Photo_94                                

                        

                          

                         

                           

                                             

出勤する。

今日はシドニーだ。

キャンベラ空港に向かう。

Ws000373                                 

                       

                       

                        

                        

                                             

そしていつもの場所に車を停めるのだが…

いっつもこの白いバンが駐車されてるな~。

帰ってきてないんだろうか?

いくら連邦が統括している都市とはいえ、いつジオン軍が来るかはわからない。

そんな危険地帯にず~~っと車をおいておくのは危険だ。

Ws000374

                   

                       

                      

                        

                                           

                                            

そしてキャンベラを出発。

Abine社所有のミデアに乗り込む。

このミデア、底面にあるファンにより、VTOLが可能な近代的な機体だ。

しかしここで疑問がある。

VTOLが可能なミデアが主力輸送機体である連邦軍なのに…

なんで滑走路がこんな長いのだろう?

他の機体が着陸、離陸するのは見たことないし…

まぁいい^^

Ws000380                                  

                       

                       

                          

                         

                                            

そして数分でシドニーに到着。

いつもの見慣れた街並みが見える。

Ws000382                                      

                        

                         

                         

                       

                      

                                             

まず最初はシドニーの武器工場に行き、本日の受領品を受け取る。

朝早い時間から、他の業者さんも頑張っている。

傭兵の方は、MSでそのまま受領にくるらしい。

Ws000383                                

                        

                         

                           

                         

                        

                                         

何時、何処で戦闘が開始されてもいいように という判断なのだろう。

しかし、小さなトラックで移動する私のようなサラリーマンにとっては…

踏み潰されないか心配でならない!!

まぁ今まで運がよかったようで、一度もそういうことはない。

武器の受領が完了し、Abine本社に出向する。

Ws000384                                    

                        

                          

                        

                          

                            

                                              

本社 偉い人 「よく来てくれた。本日の君の仕事なのだが…」

永島 「ハッ!」

偉い人 「本日は当社の武器の性能テストを行ってもらう」

永島 「ハッ!」

偉い人 「性能テストの際には、連邦軍の協力を得て、MSに搭乗してもらう。またこのテストでは実弾を使用し、破壊力、集弾率、命中率等を検証する」

永島 「了解致しました」

偉い人 「うむ!ではシドニーの西にある連邦軍の補給基地に向かえ!ハンガーにいる佐官の指示に従い、機体を受領後、テストを行え!」

永島 「ハッ!」

今回のテストで使用する武器は連邦軍の主力武器である100mmマシンガンの性能テストだ。

ハンガーに行き、そこにいた左官に声をかける。

永島 「Abine本社より派遣されました永島です」

佐官 「お話は伺っております、ではこちらへ」

そのままミデアに搭乗し、西テントへ。

佐官 「本日のテストではこちらの機体で行ってもらいます」

永島 「これは…」

佐官 「RX-79(G)陸戦型ガンダムです」

Ws000386                                    

                       

                        

                        

                         

                        

                                               

永島 「連邦軍の重要戦力の機体ではないですか?」

佐官 「これは本日よりAbine社 キャンベラ支店勤務の貴方の専用機体です」

永島 「は?」

佐官 「ですから、貴方の機体です」

永島 「いや、あの…私はサラリーマンなんですが…」

佐官 「まぁ^^そういうところはツッコまないで^^」

いいんだろうか!!これで!?

まぁ会社からの指示なら仕方ない。

佐官 「それでは出撃してください」

永島 「了解」

永島 「って!?え!!??!!??」

佐官 「そうですよ」

永島 「なんですか!?その撃って!?」

佐官 「え?だってそこまでジオンの偵察部隊きてるし^^」

永島 「いや!ですからね!私はサラリーマンなんですよ!」

佐官 「またまた~^^ご冗談を^^」

Ws000387

                                         

                           

                          

                             

                          

                                            

乗らされてしまった…

どこかで見た映画の内容を思い出す…

技術試験官だった者が、最後には自分がテストパイロットにさせられてしまう話だ。

その時にやけに印象に残ったセリフがある。

O 「えええ!!??僕に!!??パイロットをやれって言うのかぁぁぁぁ!!??」

それを見た時。

永島 「あはは^^いきなりそんなんあるかい^^」

今はこれだ

Ws000397                           

                          

                         

                         

                        

                                             

佐官 「とりあえずターゲットをロックオンしてトリガーを引いてくれればOKですから^^」

そんなんでいいのか?

佐官 「じゃあもうちょっと西側逝きましょうか^^」

永島 「了…って!!」

佐官 「何か?」

                                           

                                           

                                          

                                          

                                           

                                           

                                            

                                          

                                           

                                           

                                           

永島 「何で「逝きましょうか」になってるのよ!」

佐官 「まぁまぁ^^細かいことは気にしないで。さぁチャチャっと逝きましょう^^」

Ws000402                          

                           

                          

                          

                             

                                            

佐官 「ああ~いいのがいましたね^^あれを」

佐官 「殺りましょう^^」

佐官 「ああ!そうだ言い忘れてました。一応実戦テストってことなんですがね」

永島 「ええ」

佐官 「ここいらはジオンのエースパイロットも時々来ますから~」

永島 「そういうのって…」

                                          

                                           

                                           

                                           

                                           

                                          

                                          

                                          

                                            

                                         

永島 「先に言う事なんじゃないの!!??」

佐官 「あっ後からも来てますから」

Ws000403                        

                          

                        

                        

                             

                                           

そんなこんなでテストも順調に行っていた。

佐官 「あれれ?」

永島 「?」

佐官 「なんか来てますね^^」

永島 「( ゚д゚)!!」

佐官 「まぁ大丈夫でしょ^^なんたって…」

佐官 「ガンダムなんだし^^」

永島 「逃げればいいの?逃げればいいの??」

佐官 「え?…」

永島 「え?」

                                           

                                            

                                          

                                            

                                          

                                           

                                         

                                          

                                           

                                             

佐官 「殺っちゃってくださいよ^^相手ジオンだし」

                                           

                                             

                                           

                                          

                                         

                                            

                                          

                                          

                                         

                                         

                                          

永島 「だからぁ!!俺は!サラリー」

佐官 「MS乗ってるんだから^^さぁ逝きましょう」

Ws000187                                     

                           

                           

                            

                         

                           

                                          

何時の間にか武器も変わっていて…

無我夢中に戦っていた…

ただのサラリーマンなのに…

何時のまにかお隣のTadさんも救援にかけつけてくれた。

飛び交う砲弾。

鈍い音が響き渡る戦場…

本来こんな場所にいるべき人間ではない私が何故こんな…

相手はジオンの蒼き鬼神 「MS-07B グフ」

素人同然の私が勝てるわけもない。

トリガーを引いて、弾を撃ち込んでいく!

永島 「わあああああああああああああ!!!!」

ロックオンの表示がされている限り、何発も打ち込んだ!

そして…

ロックオンのマークが消えると共に、グフが力尽きて倒れた。

永島 「倒した・・・?」

佐官 「そのようですね^^」

永島 「…はぁ…」

手と足が震えて、背中も大量の汗をかいている。

ここが戦場か…

すると

偉い人 「私だ、敵エースパイロットクラス2名を撃破したようだな!十分なデータがとれた。テストを終了し、西補給基地に帰還せよ。また基地に帰還後、本社に出向せよ」

永島 「りょ…了解」

友軍の向かう方向に走っていくと、基地が見えた。

終わった…

確かに戦場を走り回ることは何度もしてきたが、

Ws000365                                

                       

                         

                       

                        

                         

                                           

武器を持って戦うのはこれで最後だ。

終わったんだ。

本社に到着

偉い人 「よく戻った、君の働きは連邦軍の佐官から聞いたよ」

永島 「ハッ」

偉い人 「そこでだ…」

永島 「?」

偉い人 「君には連邦軍、傭兵部隊への補給物資運搬及び戦闘が勃発した際の支援を行うことを命ずる」

偉い人 「また、連邦軍より機体及び武器のテストパイロットの協力の申請があった。ジオンのエースパイロットを撃破した君だ。無事にこの任務も果たせるだろう」

永島 「…了解致しました」

偉い人 「その任務は特別任務として、指示がある、それまでは通常勤務を行い、特別任務の申請があった場合直接連絡するl

偉い人 「今後の君の活躍に期待する。以上だ」

めちゃくちゃだ…

人権はどこにいったんだ…

ただのサラリーマンの私が何故戦場に・・・?

しかし、この世界では戦う以外に生き延びる方法はない…

                                                             

いいぜ!戦ってやる!生き延びてやるさ!!

                                                            

1日の休暇をもらった後、私はキャンベラ空港に帰ってきた。

そこで見た光景は…

Ws000404                      

                        

                       

                         

                         

                                             

何かおかしい…

何かがおかしい!!

Before

Ws000374_1                        

                       

                      

                      

                       

                                            

After

Ws000404_1                        

                        

                      

                       

                         

                                           

車の向きが逆になってる!!!

キーは確かに持ってる…

一体どうやって…

世の中摩訶不思議なことがあるものだと思った。

                                                             

続く

                                                            

追伸 

UCGOライフへの撮影協力者を募集します^^

街の紹介をしてほしい。

仕事を紹介してほしい。

こんなものがあるよ。

など何でもかまいません^^

コメントかUC内で声をかけてくださ~い。

|

« UCGOライフ | トップページ | 表紙と題名とサブタイトルを変えてみました »

コメント

ヴァネッサさん

ほ~~~そんな時代からあったんですね~歴史ある空港なんだ^^(でもそのわりには寂れてるなぁ)でもボーイング747の着陸するのにでも滑走路距離足らない気が…

ともちゅん氏

久しぶりのコメ感謝^^
協力してほしいときには声かけます~。

Calciferさん

ありゃ?いっつも見てる漢字と間違ってもーた><
修正しましたんで~。

投稿: 永島(事務処理中) | 2007年1月12日 (金) 16時46分

つっこんどこっとw
左官>壁塗りを仕事とする職人。かべぬり。泥工(でいこう)。
佐官>軍人の階級で、大佐・中佐・少佐の総称。

仕事がしみこみすぎているようですな…w
撮影は協力を惜しみませんよ~

投稿: Calcifer | 2007年1月12日 (金) 10時18分

ヘンタイを確固たる職業として確立するため、勃ち上がってくださいw殺鋭狂力するよw

投稿: ともちゅん | 2007年1月12日 (金) 01時32分

滑走路が長いの、キャンベラの空港、1920年代からあったし強化改修して21世紀にはボーイング747とかが飛んでた名残じゃないw

投稿: ヴァネッサ | 2007年1月10日 (水) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45518/4872025

この記事へのトラックバック一覧です: UCGOライフ 第2話:

« UCGOライフ | トップページ | 表紙と題名とサブタイトルを変えてみました »