2007年11月14日 (水)

無計画で向かってみた。

おはようございます。
今日も元気な永島でございます。

今の仕事が深夜に終わるので、その後、何をしようかと悩むようになりました。

日が昇る時に眠り、日が落ちた頃に覚醒し動き始める。

さながらナイトウォーカーみたいですな^^
(夜中出歩く人+夜中働く人でもいいね)

そして先日。

仕事が終わったのが2時。

家に帰ってモンハンにインしても知っている人は誰もいない。

・・・

そうだ。ちょっと遠出してみよう。

幸い今日は仕事お休みだし。

そして出発。

の!前に。

コンビニでアクシズを投下。今までの経験上、必ず後で苦しめられるのはわかっていた。
ふふふ…先に元凶を絶ってしまえば怖いことはない!

そしてお~いお茶(Hot)とシャキシャキレタスサンド(セブンイレブンのね)あとは衝動買いした「オトコ香るガム」

では行こう^^

最初の目的地は八王子。

今の仕事で八王子までかなり早くいけるルートを知ったので、国道を走るよりも遥かに早く八王子に到着。

さて、どうしたものか。

ええい!

ノッテしまえ!

そんなわけで中央高速に乗る。

行く方面はとりあえず山梨方面にでも^^

山中湖で朝日が昇るのを待つのもいいなぁ。

でももっと先に行くのもいいなぁ。

車では京都より先には行ったことないし。

AM3:09 大月JCTを通過。

というのも夜中の山中湖周辺で、一人朝日を待っていると必ず寝てしまうのと…

きっと色んな方々(察してね^^)と遭遇して嫌になるからと思ったわけでして^^

まぁ彼等には時間とか関係なしに出会うんですが、やっぱりくら~~い中で一人っきりの時に会うのはちょっとねぇ。

AM4:20 諏訪湖SAで飲み物補給

+




























何故か緊急アクシズ警報のため、アクシズ投下。

何故だ!!??

ハッ!?

まさか…あのガムのせいか?

眠気防止のために買ったはいいが、全然眠気防止になりもしないあまったるい味(キライではないんだけどね^^;)

我が肉体の極一部に拒否反応が出たのだろう。

いや、待てよ。

サンドイッチとお茶という組み合わせか!!??

いや、それなら現場監督時代に何度もやってきたではないか…

ああ…もしかして。

埼玉よりもめっちゃ寒い山梨に来てまでも。

車の窓全開で、タバコ吸いながら唄を歌いまくったことか!!?
(ポンポンが冷えてしまったかもという可能性をアクシズ投下後にやっと気付く)

AM4:50(20分以上はアクシズルームで過ごした)再度出発。

長野で引き返そうかな~と思ったりはしたが…

AM5:11 岡谷JCTを通過。

北へ向かっていたのを進路変更し、一路南へ。

先ほどの教訓を生かし、窓は半分くらい開けたままにして、今度は愛飲している「エメラルドマウンテン」に変更。

AM6:21 小牧JCTを通過。
気がついたら130km以上で走っていたらしく、永島愛知に上陸。

ここで26年間見たこともない道路を走ってやろうと決意。

進路をさらに南へ、伊勢湾岸道路へ。

AM7:40 
ついに来た…同じ名前を持つ知名へ…

湾岸長島PAに上陸!

そこで長島温泉からもってきてるのか、それとも引いてきてるのかは知らないが足湯というものを堪能。
少し疲れていたのか、10分ほど足湯につかりながら意識を失う。

AM8:00 湾岸長島PA出発

一旦北上し、また西を目指す。

AM9:40 多賀SAにて給油と朝食。これまた26年生きて初めての近江牛のステーキ重というのを食す。
ついでに抹茶ソフトというおいしそうなものを発見。購入する。

AM10:?? 気がついたら大津を通過。

AM11:59 好きな映画「岸和田少年愚連隊」で有名な岸和田和泉(まぁここかどうかはわからないけど岸和田には変わらないだろうし^^)を通過。

AM12:31 ちょっと渋滞に巻き込まれながらも泉佐野JCTを北上。

PM1:19 最終目的地(目的はなかったが)りんくうJCT到着

ほぼ12時間の運転で、永島大阪初上陸!!

そうだ!!UCGOでお世話になった方々と会ってみよう!!

初めまして~~!僕永島(ナマハゲ)です~!!
よくもタゲってくれたなこんちくしょう共~~^^
































あっ…





























































連絡先知らねぇって…









































ハイ。関空でお昼食べて帰りました。

たこ焼きも食べられなかったし、グリコの看板も見れませんでした。

え?何故かって?(聞いてない)

帰りの高速代金+ガソリン代しかもう財布に残ってないからですよ!!
(途中のステーキが一番の原因と思われる)

とりあえず運転しっぱなしで写真も取れませんでしたが、とてもおもしろい旅ができました^^

今度はどっちに行こうかな~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

ファミレスの中心でニョッキに謝る

皆さんこんばんわ。
GW満喫中の永島です。

ええ。

GWなのに仕事出させられてます。

ええ。

ある意味満喫してますよ!本当!!
てか!人が外に出てるってーのにね!大体(以下975894の暴言があるため省略致します)

とまぁ色々あります。

でですね。

皆さんは「ニョッキ」なる食べ物をご存知でしょうか?
私は名前は知ってたものの。食べたことも見たこともなかったわけですが。

先日入ったファミレスにて発見したんですね。

で、それを連れが頼んだわけです。

N心 (ニョッキ?またおもしろいもの注文してる^^大体名前がおかしいじゃん。「ニョッキ」って…ねぇ)

N人 「ニョッキ頼んだんだ」

相手 「うん^^おいしいからね」

N人 「ふ~~ん」

メニューを見ると確かに「ニョッキ」の文字がある。

N心 (…マカロニみたいなものかの?)

数分後。

注文した例の物が登場。

「ニョッキ」

なんかねぇ…

響きがねぇ。こう…

いやらしいよねww(18禁モード稼動中)

なんかね。

「俺のニョッキが光ってうなる!!」 

って感じがしてならない!!

そして連れが「ニョッキ」を食している。

おいしいのか?笑顔になってるってことはおいしいらしい。

N人 「一口おくれ」

相手 「ええ~~~…まぁいいよ一口ね」

N人 「ありがと」

ニョッキをフォークで指してみる。

!!

餅のような感触!!

マカロニの一種じゃないの??

てっきり

マカロニ科ニョッキ目 ニョッキ

みたいなものを想像していた永島はこの時点で裏切られた(何に!!??)

口に入れる…

うん。























モチモチまいう~~~!!

てか何度もきてるファミレスで何で俺はこいつを今まで食わなかったのか!!
ちょっと損した気分です。

結論

名前がおもしろいからといって必ずしも味が「ネタ」系ではない。

皆さんもニョッキを食べてみてはいかがですか?

連れに聞いたところ。おいものお餅なんだそうな。
私はおいももお餅も好きなので好物になりました^^

ニョッキよ…

今まで馬鹿にしてごめん。

君は…

おいしかった!!

| | コメント (2)

2007年4月30日 (月)

友人の結婚と不動産売買

昨日は友人の結婚式

高校の頃、自分の高校の親友から紹介された方だったんですが、非常に義理堅く、おもしろい方で、仲良くなるには時間はかかりませんでした。

時は過ぎ。

その彼から結婚の案内が届きました。

「ああ…これでまた一人の漢が消えていったか…」

周囲で若くから結婚した友人に聞くと。

「若くして結婚したこと?はは^^」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「毎日が後悔だよTT」

と7人中7人がそう答えていました。

最初は玄関まで見送ってくれる奥様。

お弁当に手作りのこっ恥ずかしいメッセージが入っていたり。

家に帰れば

裸エプロン+「ごはん」「風呂」

「私」

の三種の選択があったり。

などイベント盛りだくさんで、そりゃ~毎日が楽しい、うれしいの連続だそうです。

しかし!!

ある日を境に…

見送りがなくなり

手作りだったのが「ニチ○イ」系生産品に変わっていたり

(ニチレ○さん!私はニ○レイ系大好きですよ!いえマジで)

帰ってきても妻がいなかったり…

残されたのは机の上に「ご飯は冷蔵庫にあります。チンして食えや」の書置きだったり。

そんな事ばかり聞かされていますTT

でも!

それでも!!

今日結婚した友人には幸せになってほしい。

そう願います。

 

さて、随分前のお話になってしまったのですが、未だにやっていた。

ってゆーか本人も忘れていたんですが^^

永島はAbineの不動産部の営業部長をやっています。

当初は日々営業に明け暮れる毎日でしたが。

4  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(製作 ロブロイ様^^)

お客様は一向に現れないTT

もうあきらめていた中

一人の男が永島にメッセージをくれた。

シドニー西の漆黒の狩人(勝手に命名)

ロブロイ・マクレガー氏(年齢不明)

http://awoyamalabo.blog.ocn.ne.jp/

最近生産修行中で、めったに「永島」でインしなくなった永島でしたが、この日はアポを取りロブロイ氏の到着を待つことにした。

時間が近くなったなぁと思ったら…

「Z西テント PC多数!!」

( ゚д゚)!!

お客様ーー!!今お迎えにあがります!!

Ws000272  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

到着したら激戦でしたTT

ロブロイ様は!ロブロイ様はどこだ!!

いっぱいいる敵PC

ロックオンも鳴り止まない…

俺は…

撃たねばならないのか…

未来のお客様かもしれない方々を!

とか数秒考えている最中、7機くらいに攻撃されたので…

 

 

まぁいいか^^

キャッチアンドノーリリースの精神で とりあえず今日はお引取り願おう!

Ws000257  

 

 

 

 

 

 

 

で、なんとか撃退お帰りになってもらい、ロブロイ様を無事。

撃退、拉致キャンベラまでご案内~~

それでキャンベラのお宅を拝見してもらいました。2

 

 

 

 

 

 

 

 

数件の物件を御覧になった後でこの家を契約^^

5  

 

 

 

 

 

 

 

(SS By ロブロイ様)

 

これでやっと3件…

副社長にもやっと報告できます。

Photo_5  

 

 

  

 

 

 

副 「え?…ああ、まだやってたっけね。不動産部^^」

( ゚д゚)!!

というわけでロブロイ様ご契約ありがとうございました^^

あの時は急なリアル用事ができてしまってすみませんTT

今度自宅の方に遊びにいきますね~^^

うまいラム酒持って~(最近覚えましたが、うまいのは本当にうまい!!)

 

追伸

永島のSSがないのはですね…

何故か…

撮れてなかったんですよ!!(30枚くらい撮ったはずなのに><)

あと更新遅れてごめんなさいTT

 

神無様へ

手のツボの情報感謝です^^

昨日の結婚式で試しました(ええ、もちろん挙式真っ只中のアクシズ警報ですよ)

最初探すのに苦労しましたが…

無事^^

冷や汗をかきながら警報解除に成功しましたww

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年4月20日 (金)

あの人をみつけた

UCGOを引退された「クリケットブランド」総帥

クリケット社長

その旦那であり、UCGO1のコメディアン

あふろ氏を発見しました!!

http://island.geocities.jp/ffflunder/index.html

どうやらこちらの世界でも頑張っているようです。

FFをやる方は探してみてはどうでしょうか^^

しかし…

あふろさんがパワーアップしている…

| | コメント (2)

2007年4月18日 (水)

永島VS芳香剤

皆さんおはようございます。
今日は朝は曇りで、なんとか現場も動きそうです。

さて、永島が新しい本社に異動して結構経つのですが、未だに慣れないことがあるんですよ…

トイレの芳香剤です…

ただの置いてある物ならなんら害はないんですがね。

この芳香剤、タイマー噴霧タイプなんですよ。

で!

それが洗面所のすぐ横にあってですね…

何故か!

永島が手を洗ってると顔面に向けて噴霧するんですよ!!

はっ!!

まさ…か…

「The 匂いセンサー付き」!!??

俺の体臭なのか!?そうなのか!!??

現場監督は皆汗かいてなんぼなんじゃぁ!

本社にきて3ヶ月…

顔面噴霧してくる芳香剤との戦いは続く…

最近の永島

噴霧口を避けて手を洗う。

噴霧口を手で塞ぐ(噴霧された場合被害大)

噴霧される前に手を洗う(高速のため石鹸が残る可能性高し)

最終手段…

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!!

洗わない!!(You are Shock!!)

いや流石にそれは…ねぇ…

でも何かいい対策を見つけないと毎日顔面に芳香剤を噴霧されてはかないません。

最終手段Part2

破壊する!(愛で~空が落ちてく~~るぅ~~~)

これはもう報告書書かなきゃいけないし…

壊してもまた新しい奴が来るだけですからね。

どうしようかねぇ~…

| | コメント (3)

2007年4月11日 (水)

空豚 Limit of stomach

皆さんこんばんわ。

台湾戻りの永島です。

まぁ一週間も経過してますがね^^

今日は台湾のレポートというか、出来事を紹介したいと思います。

空豚 Limit Of Stomach

4/3 AM 04:00 

永島起床。会社の本社に5:00に集合のため、ちょっと早く起きてパスポートとか大事な物を忘れてないか確認。

AM4:?

確認して安心してしまい居間で二度寝。

AM4:48

起床(2度目)

会社まで15分…

AM4:50

車で出撃。

法廷速度を60km以上オーバーちょっとスピードを出して会社に向かう。

AM4:59 

会社の駐車場に到着。予定通りに会社前にいたバスに搭乗。

AM07:14

成田空港着。搭乗手続きや荷物チェックなどをパスしていき、免税店などで時間をつぶす。

AM09:10

成田空港内で朝食。スタバのようなコーヒー店を発見。少し眠かったため、いつもなら絶対頼まないカフェ・オレを注文してしまう。

しかも牛乳かなり多め。

半分くらい飲んで限界だったので、後は水で中和する作戦を取る。

AM09:35

飛行機に搭乗開始。

座席に座り台湾情報の雑誌を読む。

AM10:10

予定より10分遅れで飛行機が滑走路に移動を開始。

同時刻

シートベルト着用のアナウンスが流れる。

AM10:14

恐れていた事態が勃発。

同時刻…

N 「っぐ!!」

腹部を強烈な激痛が襲う。

そうDeath!!

久しぶりにアクシズ警報!!

レッドアラート!!

まだ飛行機は滑走路までのコンコースをゆっくりとあざ笑うかのように移動。

AM10:15

シートベルトを外して立ち上がろうとしたらスッチー二人に阻止された上に

S 「お座りください!」

と怒られる。

永島の座席が一人だけ社員達と離れており、周囲は日本から台湾に帰国する台湾人だったためあんまり気にされなかった。

AM10:17

N 「ハウル!!」(特に意味はない叫び)

第2波到来。

原因はすぐにわかった。

カフェ・オレである!!

AM10:3?

飛行機が滑走路到達。

同時刻

飛行機、離陸のため加速を開始。

同時刻

離陸の加速によるGで第3波が加速起動。

同時刻

冷や汗が大量に出る。

AM10:3?

離陸。高度10000mまで上昇を開始。

同時刻

ほぼ失神寸前の永島、なんとか意識を保つ。

AM10:??

いつの間にかシートベルト着用のマークが消えていたので、エマージェンシーブロー(緊急放出)のため席を立つも、台湾人7名がブローポイント(トイレ)に待っていたため戻る。

AM11:??

映画を見て少しでも気を紛らわす作戦を開始。

これが効果があったようで、台湾人がいなくなったブローポイントまでダッシュ!

同時刻

廊下にいる飲み物を運ぶカートを持ったスッチーにブローポイント5m前で阻止される。

同時刻

再度台湾人がブローポイントを占拠。

AM11:27

最大威力の波到来。

AM11:30

高度限界(永島のアクシズ)

同時刻

前にいる台湾人に一言。

N 「…エマージェンシー…」

それが通じたようで先を譲ってくれる。

AM11:32

中にいた台湾人が出てくる。

同時刻

エマージェンシーブローに成功。

AM11:45

生還

AM11:57

Sany0043  

 

 

 

 

 

 

 

席に戻ると和歌山上空

AM12:07

Sany0044  

 

 

 

 

 

 

 

機内食

結構おいしかった。(まぁ胃袋がエマージェンシーブローで空に近かったし)

AM12:20頃

Sany0045  

 

 

 

 

 

 

 

高知県上空を通過。

その後は睡魔に負けて寝てしまいました。

とりあえず今日はここまで^^

 

追伸

ロブロイ・マクレガー様

この度は、Abine不動産の社有物件の見学の申し出ありがとうございます。

4/15 22時頃 シドニーWテントにてお待ちしております。

お気に召す物件がきっとみつかると思います^^それでは、よろしくお願い致します。

Abine 不動産部 営業部長 永島

| | コメント (5)

2007年4月 5日 (木)

ただいま~

会社の旅行で台湾にいっておりました。

後日台湾の報告書を書きます。

疲れた…

| | コメント (2)

2007年3月19日 (月)

ちょっと泣いてしまいました。

古い木には、色んな思いが宿る…

この仕事をしていると色んな思い出の物を壊していきます。

これは先週の土曜から今日までの話です。

先週土曜

私は、やっと開発が降りた現場に立っていた。

現場内には大きな桜の木がある。

N 「これが咲くまで待ちたかったなぁ…」

E 「まぁね~~」

久しぶりに登場!営業のE氏が一緒だ。

N 「これが咲いたら花見できますよ」

E 「いいね~」

N 「って、開発降りたのなら、もう着工しなきゃじゃないですか」

そう。

この桜の木は最後の花をつける前に…

なんともやるせない気持ちで桜の木を眺めていた。

そして昨日。

また同じ現場にいた。休日なのに何故?

何故か気になって仕方がなかった。

夕方、都内から帰ってきた後で…どうしたっけ?

何時の間にか現場に来てたんだ…


風が強かった…

桜が咲いていれば花吹雪になるだろう。

煙草に火をつけて、ただただ見ていた。

すると…

まだ咲いていないはずなのに・・・

一枚、花びらが手の中に落ちた。

何で?

近くに花はない。

風は桜の木の方から吹いている。

まさか・・・な。

帰ろうと思った時、声をかけられた。

「お願い…」

N 「誰?」

「お願い、桜切らないで」

高校生くらいの女の子だった。

下を向いて泣いている。

N 「どうしたの?何で泣いてるの?」

O 「桜…切ってしまうんですか?」

N 「ええ…それが私の仕事ですから…」

O 「桜、まだまだ咲きますよ?」

N 「ええ…ですが、私にはどうにも…」

O 「桜…」

N 「…」

また強い風が吹いた。

O 「私…約…待って…です。この木の下で…」

N 「え?」

砂埃が舞い、目が開けえられなかった。

そして…

目の前の桜の木に無数の花が咲いていた。

そして女性もいなくなっていた。

N 「!!」

そこで目が覚めた。

私は都内からまっすぐ家に帰ってきて…小説を書いている最中に寝てしまっていたらしい。

もちろん桜の木を見にいってない。

変な夢だ…

でも引っかかる気持ちのまま、今日を迎えた。

また現場に来て、桜を見ていると、E氏が急いで現場に来た。

N 「どうしたんすか?そんなに慌てて」

E 「いやさ、昨日変な夢見てさ」

N 「マジっすか?俺もですよ」

話を聞くと…

まったく同じ夢を見ていたらしい。

現場で桜を見ていると、一人の老人が現場前に来た。

R 「この桜・・・どうするのですか?」

N 「開発区域内なので、伐採しなければならないですね」

R 「そうですか…工事はいつから?」

N 「一応来週を予定してます」

R 「…」

N 「…」

R 「この木にはね…思い出があるんですよ」

その方は静かに話し始めた。

戦争に行く前、当時はまだ小さな桜の木だったようで、その木の前で、片思いだった人に告白しようと思ったけど…彼女は来なかった。

その後戦争に向かい、帰ってきた時には彼女はもういなかった。

結核だったらしい。

貧しい家だったらしく、入院もできず…

そんな彼女が好きだったのが、この桜だったそうだ。

R 「あの頃の私では、彼女が病気だったのはわからなかった…わかっていれば逃げ出してでも一緒にいたかった…」

老人の乾いた肌に涙がにじんでいく。

日本に帰ってきても、この木の前には来なかったという。

そして私達は夢の話をした。

聞き取れなかった部分はきっと…

「私、約束があるんです、待ってるんです。この木の下で…」

桜の成長と共に、きっと彼女の思いはずっと待ち続けていたんだと思う。

R 「・・・」

私達の言葉で老人の目からとめどなく流れる涙が、乾いた地面に落ちていく。

R 「彼女は待ってくれていたんだね…肉体が尽きて、魂となっても・・・この桜と共に」

そして

R 「お二人にお願いがあります。この木を切らないで下さい。お願いします!」

老人の気持ちはわかるが…どうにもできない。

R 「では…この木のある部分の土地を私が買います」

2宅地にまたがっていた桜のある土地を老人が購入することとなった。

E氏にとっては思いがけない契約になるのだろうが…

私にとっては…

これで、

二人が

50年の時を超えて

会えたんだなと思うと…

涙が止まらなかった。

ちょっと不思議な…

不思議な出来事。

| | コメント (13)

2007年3月14日 (水)

「時」というもの…

なんか小説っぽい始まり方をしました。

今日も元気な(少々花粉にヤラレ気味)永島です。

さて、皆さんも時間が経過したんだなぁ。と思うこといっぱいあると思います。

同窓会に行ったら、初恋のあの子が…

orz

とか

子供の頃に引っ越してしまった街に戻ってみて、その時の友人と出会った時。

N 「久しぶり!元気してた?」

T 「え?…おお!久しぶりだなぁ…うん…」

と明らかに思い出そうと必死だけど、忘れられてる時。

随分前に買ってき野菜が冷蔵庫の奥から出てきた時とか

(リアルにorz)

と例題を挙げればキリがないですよね。

先日、永島も時の経過というものを感じましたよ…

永島の幼少の頃。

両親共働き、兄は何してたか不明。

小学生の永島は外で遊んでるというのがいつものパターンでした。

時折、家の鍵を忘れてしまうと、20時近くまで、家の外で待機してなくてはならない状況でした…

そんな時、やさしく声をかけてくれたのが隣のお姉さんでした。

永島当時9歳、お姉さんは多分20後半だったと思います。

とても優しくて、笑顔の素敵なお姉さん。

今まで感じたことのない心臓の鼓動…

9歳の春…永島は恋をしました。

しかし

お姉さんは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼氏と同棲してたんですよ!!

(しかも超かっこいい上に優しかった!)

くそう…子供心に悔しさと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやってあの男を排除してやろうかと考えました(マジで)

しかしながら9歳の男の子。

できることなんていったら限定されます。

玄関前に蛙を置く(30匹ほど)もちろん脱走

玄関前にバッタを置く(30匹ほど)投入後すぐに脱走

お兄さんのバイクのマフラーの中にバッタを挿入。(後に黒いバッタの死骸発見)

洗濯物のお兄さんのパンツをGet!(しかし新しい物とかわっただけ)

玄関の牛乳入れをボンドで固定(玄関前に牛乳を置くことで問題解消)

お兄さんの車のタイヤの下に大量の石を置く(普通にバラバラに飛び散って終了)

朝刊を奪う(朝起きれなくて1日で終了、その後母に見つかり大激怒)

夕刊を奪う(計画未実行(母に怒られたため))

恐喝文を書く(お兄さんに直接渡したため、「こわいな~」で終了)

よく頑張った俺!!

なんで覚えてるかというと

それは後の話。

で、お兄さんは結構仕事が忙しかったようで、帰るのが遅かった。

20時まで外で一人ぼっちの永島をみつけたお姉さんが家に招待してくれるようになった。

暖かい部屋で、お姉さんと話してるだけで幸せでした。

そのうち、お姉さんがビデオを借りてきてくれたり、ゲームを一緒にしたりで、外で遊ぶよりも隣の家に行くことが多くなりました。

そして季節は春となり、夏となる。

お姉さんの家にはクーラーがなかったけど、子供用プールに足を入れて、二人で色々はなしたりして、暑さなんか感じませんでした。

そしてそのうちお姉さんも、私の事を弟のように見てくれるようになった。

ある夏の日。泥んこになって帰ってきた永島。

もう何度目だよ!

と自分でツッコミをいれたくなる。

またカギをロスト orz

お姉さんの家にHELP要請。

縁側でしばらくジュースを飲んで待ってると。

O 「マーちゃん(永島のあだ名)お風呂はいる?」

N 「うん!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はは…

お姉さんくすぐったいよ^^

ふふふ^^

(大人的結果↓)

今じゃ諭吉をロープーのお姉さんに渡さないとこんなシュチュエーションありえないっしょ!

それ以降から

お姉さんの態度がかわった…

ある時は下着姿で。

ある時は…

ああ…

今こんなんになったのは、きっとこれの影響だろうなぁ…(遠い目)

そして小学校6年生の頃。

もう一人の兄貴のように思ってた隣のお兄さんが、交通事故で亡くなった…

なんどか慰めに行った。

ご飯も作ったりしたけど…

もうあの笑顔を見ることはできなかった…

少しして、お隣は空家になってしまった…

その後引っ越してきた隣人さんは…

夜は「ないとふぃーばー」でした。

もううるさくてTT

で、話を戻します。

先日の事。

永島の地元の隣の市。

新しい現場の挨拶周りをしていると。

O 「あれ!マー君じゃない^^」

このあだ名を言う人物は一人…

N 「お姉…!!」

そこには…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オバ○○アンと化したお姉さんがいた…

O 「やーーね~~お姉さんだなんて~~しかしまぁ大きくなって^^」

N 「はぁ…どうもお久しぶりっす」

O 「アッチも大きくなった?あ~~~~っはっはっはっはっは!」

その後、その場を去ろうとしたが、完全なオバタリアン化したお姉さんの口が閉じるのに1時間37分を費やした(お昼食べられず)

幼き日…夢にまで見たあの人は。

あの笑顔とは少し変ったけど、いい笑顔と声で笑っていました。

 

2007年3月14日

お返し?

んなもんやる奴なんかいねー!!

一人寂しく帰宅する 25歳 春(花粉多し)

| | コメント (4)

2007年3月 8日 (木)

奥歯で砕け!!

2月の終わり頃、会社の強制献血にて頂いた
サクマ式ドロップ。

最近のではハッカがなくなり、スポーツ飲料っぽい味の物にかわったようです(それがまたおいしい)

さて、このドロップですが、歴史は長いようで、私の好きな映画「蛍の墓」では重要な役割を果たしています。

そのドロップも今日の朝でなくなってしまい、少々げんなりモード中なのです。

そんな中思い出したのは、「蛍の墓」で完全に沈黙したドロップの中身、お兄ちゃんが悲しそうな節子の顔を見て思いついたのが!

ドロップ汁(うわぁ…こういう表現だと厳しい物があるねぇ)

ドロップ缶の中に水を入れて

シェイクシェイク!!

そうするとあ~~~ら不思議。

ドロップの残りカスとか、削れて粉になったやつとかが水にとけてできるのが!!

ドロップ汁でございます。

それをチャレンジしてみようと思い早速給湯室へ!

そして水を入れる

満杯になりシェイク!!

そして…

コップに移すと…

いいにおいがする~~^^

これはうまそうだ!!

本日初めての水分補給開始!!

ゴク…

ゴク…





































ん~~





















すんげーー複雑な味…

おいしいって分類なのか・・・?

外人にはおいしいかもしれない。

くやしいので、缶の底にへばりついてたグレープ味を気合でとりだし、奥歯で砕いてやった!!










ふははははは!!たかがドロップ風情が!!












3/6 永島 25歳の春 孤独を知る。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧